『ラブライブ』が一番人気!「コミケ89」美女コスプレイヤー写真集【1日目】

 12月29日、日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット89」が開幕した。天気は快晴だったものの、最低気温3.3度、平均気温は7度という年末らしい乾燥した肌寒さのなかで、多くの来場者が東京ビッグサイトを訪れた。

 日刊SPA!では3日間、コスプレ広場の模様を中心にお届けする。海外メディアも含めてマスコミに注目されるこのイベント。今年もコスプレイヤーたちが寒さに耐えながら自慢のコスプレ姿を披露した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1020304

コミケ89

Meron(@tm_nanyan8939)

 ゲームやアニメなど往年の人気作品も多いが、特に女性レイヤーで目立ったのは『ラブライブ!』のコスプレだ。服のバリエーションが多く、露出度も比較的高くない『ラブライブ!』の衣装は挑戦しやすいのかもしれない。ファンの総称「ラブライバー」は2015年流行語大賞の候補にノミネートされ社会現象にもなった。

コミケ89

宇治金時(@mamechiciiiii・左)/河村友歌(@Xmas_yk・中央)/蟹雲丹いくら(@KaniUniIkura・右)

 カメラを向けるほうも向けられるほうも、ビッグなお祭りの空気感に包まれる。入れ替わり立ち替わりするレイヤー同士の場所取りや、カメコたちの行列、囲み撮影などは恒例の光景。独特の高揚感の中、各々に楽しんでいた。胸元、太もも、背中が露わになったエロコスでも、カメラに向かい堂々とポージングする姿には取材班も驚くばかりだ。

コミケ89

新名あき(@pmpm874)

 初日の来場者数は約15万人で、冬コミ最高を更新した昨年冬の「87」初日の約18万人を3万人下回ったものの、相変わらずの活況ぶりだった。

<取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中