ひろゆき「音楽の流行を示す指標ってオリコン以外にはないの?」

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

【数百枚でもオリコン・シングルデイリーランキングで1位に】

1月11日付のオリコン・シングルデイリーランキングで、1位の売上枚数が951枚となった。オリコン史上初の1000枚を下回っての1位獲得の結果に、ネット上は騒然。「知り合いに宣伝しまくればなんとかなるかも」とランキング1位獲得が誰でも狙えるようになったことへのコメントや、「シングルCDを買う人がまだいるほうが不思議」などの冷静なコメントも

(画像はORICON STYLE Webサイトより)

(画像はORICON STYLE Webサイトより)

音楽の流行を示す指標ってオリコン以外にはないの?


 最近は、アイドル育成系のソーシャルゲームが膨大な量を売り上げていたりと、サブカル業界の売り上げが伸びていて、メインカルチャーって何なの? って感じだったりしています。そんなカルチャーの変化からか、オリコンデイリーランキング1位の売上枚数が過去最低なのが話題のようです。

 世間に有名なグループだと錯覚させるのに握手券付きのCDを売ってオリコン上位にランクインさせていて、そのおかげでCDの売り上げは維持されていたりしたわけですけど、最近はAKBグループとジャニーズのファン以外は、ほとんど音楽CDを買わなくなってしまったようで。。。

音楽の流行を示す指標ってオリコン以外にはないの? デイリー1位が1000枚以下なので、シングルCD1枚を1000円とすると自分で100万円分買える人はオリコン1位になれちゃったりするわけです。それぐらい、普通の人ってもうCDを買わなくなっているんですよね。。。

 CDが売れないのはネットの影響とかも言われていますけど、最近のノートパソコンはCDトレイのついてないのも多いですし、今どきCDコンポとかを持っている人のほうが少数派だと思うんですが、そうなるとCDを聴くのって面倒くさい作業なわけですよね。んで、ネットで昔の名曲とか洋楽の情報も簡単に手に入るようになったわけで、本当に音楽好きな人は、昔からある名曲を聴いていたりするんですよね。

ひろゆき なので、音楽業界的には「名曲や海外の超有力歌手vs日本人アーティスト」って構造だったりします。ってなると、洋楽とかに行っちゃうので、そりゃ新しい日本人の曲買う人は少なくなっちゃいますよね。。。「音楽性は二の次! ファンだから曲を買う」という層とかでも、iTunesなどで買ったりすることも多いですし。。。

 ってことは周知の事実で、CDを買う人ってかなり稀有な人ってのが今の状況だったりすると思いますし、それに気づいている人も増えているとは思うんですけど、音楽のはやりを客観的に伝える明確な指標がほかにないので、世間的にはCDランキングが一般の人の購買行動だと感じる人が多いのかもしれないですねぇ。。。

※1.アイドル育成系のソーシャルゲーム
『アイドルマスター』とか『ラブライブ』とかのこと。グッズだけでなくアニメや映画化などもされており、ラブライブの映画は動員200万人で興行収入28億円以上、アニメのブルーレイディスクは発売初週で19万4000枚を売り上げアニメ歴代4位。昨年3月に発生した、川崎市中学1年生殺害事件の加害者と被害者もラブライブを通じて交流を深めていたとの噂も

※2.売上枚数が過去最低
過去の最低枚数は、’13年5月13日付でランキングされた1102枚。楽曲は、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000% アイドルソング 聖川真斗(鈴村健一)(恋桜)」で、今回記録されたAKB48「唇にBe My Baby」より151枚多かった

※3.ネットの影響
その昔はファイル共有ソフトによる違法ダウンロードの影響が叫ばれたが、最近はアーティスト自らが話題性を呼ぶために動画サイト上にPVなどを公開することも多々ある

【西村博之】
元ニコニコ&2ちゃんねるの管理人で、現4chan管理人。39歳。フランス在住(日本国籍)

撮影/根田拓也
※「ひろゆきのネット炎上観察記」は週刊SPA!にて好評連載中

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中