ピース又吉CMで話題の「ドミネーションズ」から見えるスマホゲーム課金事情【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その107 ―

 最近フェイスブックなどで、ゲームの紹介が続々アップされ、ちょっと困惑しております。たぶん年齢や嗜好のマーケットをしているから、オヤジ向けの戦略・戦争系のシミュレーションゲームが多いのでしょう。でも何ゆえ戦略シミュレーションが、オヤジにモテはやされるのか。今回はその謎を、課金に的を絞って話を進めます。

 昨年の暮れからスマホゲームの主戦場を「ゲームオブウォー」から「ドミネーションズ」に変えて、すこぶる楽しいゲーム生活を送っております。「ドミネーションズ」は、ピースの又吉・綾部のCMが流れる前からやっており、ヒットゲームを見つける嗅覚は、そこそこあるなと自分で思いました。

 2年越しで、今も細々とやっている戦争シミュレーションの「ゲームオブウォー」ですが、この課金システムは異常でした。もちろん無課金でもできますが、強くなりたいと思うと、ついお金を払ってしまう。ゲームに乗せられて、1年半で10万円ぐらい払ったでしょうか。それで強くなったかと思いきや、相撲で言うと前頭筆頭ぐらいですか。上には上がおり、スーパーサイヤ人クラスがごろごろいます。10万円も払って強くなれないゲームってどうなのと、憤りを感じます。

 それでどうしようか悩んでいるときに「ドミネーションズ~文明創造~」に出会ったわけです。ふたつのゲームは、戦略シミュレーション系といわれているもので、20年前ぐらいのPCゲーム「エージオブエンパイア」あたりが、源流のようです。

 ただ決定的に違うのは、ドミネーションズの方が、お金がかからない。最初に開始のご祝儀として1200円を課金したけど、あとは無課金ですこぶる、順調にゲームが進行しています。もちろん成長の万能アイテム「クラウン」を、1万円程度で売ってますが、それを必要としなくても、充分戦争で勝利して、次のステージへ進めます。

 スマホゲームは、基本課金は戻りません。ゲームをリタイヤした段階で、課金が水の泡として消える。だから悔しいので、辞めれない。ただ同じ課金でも、すでに家庭用ゲーム機の移植版みたいなゲームには、お金を払う気はしません。有名なロールプレイングゲームや、アクションゲームでも課金がありますが、大いに疑問です。以前は、同じゲームを6000~7000円程度で出来たのに、なんで高額な課金をしなきゃならないのと思うでしょ。しかも、ゲーム展開を知っているから、ここを凌げば楽になるって分かるし。

 要するに、人間は「価値観が分からない、得体の知れないものにお金を払う」んですな。そういう意味では、新しいゲームじゃないと、課金営業はやりづらいのです。

 課金で一番お金を払うのは、子供ではなくて、お金を持っている社会人です。ずばりオヤジ世代と言われてます。だから「ゲームオブウォー」は、オヤジのユーザーが多い。チャットじゃ、キャバクラやゴルフ、高級外車などの話題が頻繁に出てますから。要するに「1000円課金の子供100万人と、10万円課金のおやじ1万人は、同じ売り上げ」になるのです。

 つまり自動車業界で言われている「軽自動車100台売った利益と、スーパーカー1台売った利益が一緒の理論」が、スマホゲームにもあてはまるのです。

 ゲーム屋さんは、結構シビアなマーケッティングをして、いかに課金させるか、手ぐすね引いて待っています。実はスマホゲームの対戦相手はユーザーではなく、ゲーム屋さんではないかと思ってます。

木村和久

木村和久

 つまり無課金に近いものでゲームを楽しめたら、ユーザーの勝ち。大枚叩いてしまったら、ゲーム屋さんの勝ち。そう考えると「ゲームオブウォー」って、歌舞伎町のボッタくりキャバクラに近かったかも~。そして「ドミネーションズ」は、良心的な六本木のガールズバーって感じですかね。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中