ジャガーは英国貴族のクルマというイメージは日本だけ!それでも7年後に200万円台で買いたい中古ジャガーXE

 ジャガーといえば、素人は高貴で高級なクルマ、と思ってしまいがちですが、最近はお安いモデルが登場し人気だとか。実は安いのにそう見えないコスパ十分なクルマ。それがイマドキのジャガーです! そんなジャガーにもディーゼルモデルが登場。値段が安い、燃料も安い、でも、高級に見える。そんなジャガー効果を検証してみました。

ジャガーMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

 ジャガーというブランドは、実に魅力的だ。なにしろ日本でのブランドイメージがメチャ高い。ジャガーと聞いて一般人が抱くイメージは「貴族のクルマ」。ベンツやBMWより格上だと思われている。

 が、実はジャガーはベンツやBMWより若干値段が安い。もともと「ベントレーやアストンの半額で同じ性能を」というポジションを狙って生まれたブランドだ。決して根っからの貴族ではないのだ。でもイメージはモロ英国貴族。故・徳大寺有恒氏が「ジャグワー」と表記していたのも効いている。ジャグワーだと「グワッ」と高級そうに聞こえる。

 これだけブランドイメージが高いのに、ジャガーの中古車は非常に安い。正確には、タタ(インドの大企業)傘下に入る前のジャガーの中古車はメチャ安い。

 かつて下流自動車評論家のマリオ高野(極貧)も、ジャガーXJに乗っていた。ジャガーを乗り回すマリオを見て、周囲の者は驚きひれ伏し見る目を変えたものだが、実はそのジャガー、ヤフオクで23万円だったのである。ジャガーの意外性恐るべし。今でも先代XJなら35万円~、先々代XJなら27万円~買える。貧乏サラリーマンの貴兄も一台いかがですか? きっと周囲の見る目が激変しますよ!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1105172

ヤフオクで23万円で落札したジャガー

ヤフオクで23万円で落札したジャガー

 私もいつかジャガーが欲しいと熱望している。ジャガーに乗れば周囲の見る目が変わる。いずれはジャガーに乗る上品なジジイになって周囲に一目置かれたい。中古車なら安いからコスパは抜群! 真剣にそのように考えている。

 が、タタ傘下に入り、天才デザイナー イアン・カラムが辣腕を振るうようになってから、ジャガーの中古車はあんまり安くなくなった。現行ジャガーXJは最安でも中古で300万円。一気に10倍だ。先代までのジャガーに乗るのは筋金入りの愛好家のみだったが、デザインが超イマドキになり信頼性も向上したことで、イケイケの起業家やオシャレ富裕層にも人気となったからである。

次ページお安い新型XE

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中