生活保護を積極的に利用するほうが、社会の「経済的利益」になる

生活保護を積極的に利用するほうが、社会の「経済的利益」になる

 ほっとポットには、失職し家を失い、行き場をなくした人が年間800人近く訪れます。従来の福祉は、現在のような状況を想定していないため、至る所が穴だらけ。その穴を埋めるため、私たちのようなNPOや民間団体が働いています。

 その活動をしていて特に問題だと思うのが、生活保護を当然支給されるケースでも、経費を削減したい行政が理不尽に断るケースが多々あるということです。

 しかし実際には、生活保護制度など行政の支援制度を積極的に利用するほうが、社会の経済的利益に繋がるという考え方もあるのです。

 貧困状態にある人々に対する支援策がほとんど用意されていない場合、未然に防げるはずの犯罪が増えてしまいます。終わりの見えない貧困により、生活苦の末の窃盗や万引というものが多発するようになるのです。軽犯罪とはいえ、何度も繰り返していると累犯となってしまい、刑務所に送られてしまいます。

 刑務所に入って支援を受けると、1人当たり何百万円というお金がかかってしまいます。こうして刑期を終えて出所したところで、行くあてもなく所持金も僅か。生きていくためには、結局また同じような犯罪を繰り返すしかない。

 このような受刑者に本当に必要なのは、懲役刑のような刑罰ではなく、自立を助ける福祉なのです。

 そういったことも踏まえて、生活が苦しくなってきたら早期に生活保護制度を利用する。それをもとに生活環境を整え、職業訓練を受けて自立してもらいます。そうすることで、彼らが将来にわたって納税者となることも期待できるようになります。

 生活保護制度や、生活立て直しのための貸付金制度など、利用できる制度をどんどん積極的に利用してもらい、早期に自立してもらうことが、結果として経済的にも我々の社会の利益になるのです。

藤田孝典氏

101228_BK2_09.jpg
ホームレス支援NPO「ほっとポット」代表理事。編著書に『反貧困のソーシャルワーク実践』(明石書店)など

― 20~30代ホームレスが落ちた[貧困アリ地獄] 【5】 ―

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中