合コンで女性が【身の危険を感じた企業】ワースト5

合コン四季報2014年秋

これさえ読めば、今年の合コンシーンの傾向と対策が丸わかり!

 アベノミクス効果も一段落し、景気も停滞の様相を見せつつある昨今。世の合コン事情も緩やかに変わりつつあるようだ。週刊SPA!ではもはや恒例企画となったが、今年も「合コン四季報」が始動。9/22に発売された週刊SPA!に掲載されている『合コン四季報2014年秋』では、今年も一般女性300人(22~34歳)と百戦錬磨の合コン女王たちが“夜の有望株”を分析している。ここでは、「身の危険を感じた企業ワースト5」を紹介しよう。

◆いまだ学生ノリで一気強要。オラオラがすぎる男たちの実態

 今年、明大テニスサークルの学生がムチャな飲み会を開き、複数名の女性を昏睡させるという事件があったが社会人になっても身の危険を感じる合コンが存在する。

「野村證券はコール連発で飲み方が荒い」(26歳・営業)、「リクルートは大学生ノリでゲームを勝手に始めて、負けたら一気飲みをさせられた」(29歳・受付)など、いまだ学生ノリが抜けてないサラリーマンがいる様子。

 続いて多かったのは、酔った勢いでの行きすぎたセクハラ行為だ。

「伊藤忠は酔い潰れた女のコを介抱するフリして、胸を揉みまくっていた」(22歳・金融)

「丸紅。男女ペアにさせるようなゲームをしてきて、卑猥な質問責めにあいました」(24歳・介護士)

 ワースト5の1位・2位に入った丸紅や伊藤忠は体育会系のイメージが強いが、オラオラがすぎるのには気をつけたい。

 さらには「某大学病院の医者と合コンしたとき、2杯しか飲んでないのに妙な眠気に襲われた。帰り際も無理やりタクシーに乗せられそうに……。絶対、何かクスリを入れていた」(29歳・秘書)という卑劣な行為を企てる輩もいた。

 やりすぎは一歩間違えば、犯罪行為だということをお忘れなく。

【身の危険を感じた企業ワースト5】(週刊SPA!調べ)

●1位 丸紅
「一気飲みを断ったらすごい勢いでキレられた」(24歳・旅行業)、「持ち帰りを前提とした合コンだった」(29歳・教師)

●2位 伊藤忠商事
「薄暗いお店を選び、ボディタッチがひどい」(25歳・アパレル)、「酔い潰すために男が結託していて怖かった」(31歳・金融)

●3位 医者
「狙ったコを泥酔させて無理やりセクハラしていた」(23歳・SE)、「トイレについてきていきなりキスされた」(22歳・派遣)

●4位 ゴールドマン・サックス
「日本人なのに延々と英語で怒鳴りつけてきて、怖かった」(33歳・IT)、「王様ゲームを始めた」(24歳・客室乗務員)

●5位 NTT東日本
「オラオラ系が多くて会話が下ネタのみだった」(33歳・小売)、「集団で一気飲みを煽られて酒癖も悪い」(30歳・金融)

 本特集ではほかにも、「合コンをしたい企業」「合コンをしたくない企業」「カネ払いがいい企業」「ケチくさい企業」「イケメンだった企業」「結婚したい企業」「お持ち帰りされた企業」「しつこく連絡先を聞いてきた企業」「経歴を偽る人がいた企業」などについて、その結果を完全網羅。今年合コンシーンを騒がせている企業はいったい・・・? <取材・文・撮影/週刊SPA!>

週刊SPA!9/30号(9/22発売)

表紙の人/広瀬アリス

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中