長渕ファンたちがデモ! 川内原発再稼働反対を訴えた【動画あり】

男たちの脱原発

男たちの脱原発デモ

 10月18日、ミュージシャン・長渕剛さんのファンら約40人が結集し、東京・浅草から上野までをデモ行進した。彼らが訴えたのは川内原発再稼働反対。なぜ、長渕ファンたちが反原発を訴えたのか? 事前に行われた今回のデモの主催者へのインタビューに加え、デモの様子をリポートする。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/733811/odg_02

 今回のデモのタイトルは「男たちの脱原発」。長渕さんが主題歌を歌った2005年の映画『男たちの大和/YAMATO』から着想を得たものだ。デモの主催者である大石規雄さん(45歳)は元々は一水会などの新右翼界隈を「ウロウロしていた」(本人談)人物で、2011年の原発事故以降は「右から考える脱原発デモ」という保守勢力が主催したデモを手伝ったりしていたという脱原発派。最近脱退したというが、「レイシストをしばき隊」やその後身である「C.R.A.C」などにも参加し、ここ1年半ほどはアンチレイシズム運動に力を入れてきたアクティビストだ。なので、反原発デモを主催することはなんの不思議もないのだが、やはりどうしても「なぜ、長渕?」という疑問が沸いてくる。

「実は自分でデモを主催するのは初めてなんです。そのきっかけは、長渕さんの故郷である鹿児島にある川内原発が着々と再稼働に向かっている今、長渕ファンは声を上げなくていいのか、という思いから。震災、そして原発事故以降、長渕さんは積極的に『原発を止めたい』という発言をされていますし、『カモメ』という曲では『止めてくれ/原発を/止めてくれ/今すぐ』と直接的に歌われています。長渕さんは充分に動かれた。では、ファンである我々は動かなくていいのか?」

男たちの脱原発デモ

主催者の大石規雄さん(45歳)

 原発事故後、長渕さんが報道番組の中で「子供たちにこれからの責任を負わせてしまった。この子供たちの笑顔と原発、どっちが大切なんだろうと言われたら、僕は子供たちが大事。そして、原発を今すぐにでも止めたい」という旨の発言をしていたのを聞いて号泣したという大石さん。さらに大石さんを動かしたのは長渕剛さんの名曲「Captain of the Ship」の一節にある「決めるのは誰だ? やるのは誰だ? 行くのは誰だ? そう、お前だ! お前が舵を取れ/お前が行け! お前が走れ! お前が行くから道になる」という歌詞だという。

「このデモを立ち上げてから、一部の長渕ファンからは『長渕さんを政治利用するのか』という批判も受けています。でも、音楽をただ消費しているだけでいいのか? 僕は『Captain of the Ship』の『お前が行け!』という歌詞を馬鹿正直に受け止めて、行動に出ることにしました。長渕ファンのなかにももちろん、いろいろな考えはあると思いますが、『長渕ファンならば今のこの状況、あなたは平気なの?』と聞きたいぐらいですね。ただ、もしも長渕さん本人から『やめてくれ』と言われたら、すぐにでも長渕ファンとしての脱原発活動はやめますが(笑)」

 実際に長渕ファンが集まって脱原発を訴えたところで、どこまで世論に訴えかけられるかはわからない。だが、「とにかくやる」と決めた大石さんの決意は熱い。「まずは東京でこのデモを開催し、鹿児島の長渕ファンが立ち上がってくれれば」と語る大石さんに、デモ当日も密着した。

⇒【動画】「男たちの脱原発デモ」取材映像
http://nikkan-spa.jp/733811




 デモ当日。大石さんは長渕さんの名前が書かれたタオルを肩に羽織りながら、集合場所である浅草の花川戸公園に登場した。今回、なぜ浅草から上野というデモコースが選ばれたかといえば、上野公園にある鹿児島県の象徴ともいえる西郷隆盛の像を長渕ファンたちとともに目指すためだという。

 デモに先立ち、大石さんが挨拶。続いて長渕さんが2011年に東日本大震災復興支援のラジオ番組で発表した散文詩『復興』と「原発を止めてくれ」という歌詞がある『カモメ』の朗読が行われたのち、デモ隊は上野を目指して出発した。

 サウンドカーからは長渕さんの曲が大音量で流されるが、長渕さんが歌っているパートではデモ隊は言葉を発せずにプラカードを手に黙々と歩いている。だが、長渕さんの歌声が途切れて間奏部分になると「再稼働反対!」「鹿児島守れ!」とシュプレヒコールが上がるというデモにしては不思議な光景が繰り広げられた。長渕ファンたちが大声で歌いながら歩くのかな、と勝手にイメージしていたが、思っていたよりも大人しい印象だ。

男たちの脱原発デモ

浅草・雷門前

 デモ隊は浅草の雷門前や御徒町から上野にかけての目抜き通りを歩く。デモ隊に遭遇した人々に話を聞いてみると、「原発って再稼働していたんだっけ?」「デモ隊より警察のほうが多いんじゃない?」という反応もある一方で、デモ隊に手を振ったり長渕さんの曲に合わせて手拍子をしている人も見かけた。特に興味深かったのが話を聞いた大学生の男性グループの会話で、1人が「かわうち原発ってどこ?」と言うと、すかさず同行の男性が「バカ、『せんだい』だよ。『艦これ』でいるだろ」と突っ込む。言われた男性は「『艦これ』やってねーし、知らねーよ」と返していたが、記者も知らない。

 さて、デモ隊は約1時間20分ほど行進し、ゴール地点の不忍池に到着して一旦解散。有志たちは西郷隆盛像前に集まり今日のデモを振り返っていた。そこで参加者たちに話を聞くと「長渕さんが3.11以降、さまざまな活動をされているのを知っていたので、今日のデモに馳せ参じました」という人から「長渕さんの歌はあまり聴いてこなかったけど、今回のデモをきっかけに『カモメ』を聴いて、原発についてちゃんと歌っている人がいるんだなと思いました」という人まで、グラデーションはありながらも長渕さんの歌に共感したという声が聞かれた。

 自身で主催する初のデモを終えた大石さんは「進行がつたなく、申し訳なかったです」と反省しきり。だが、今後もこのデモを続けていくのかと聞くと「政府が再稼働をあきらめない限り、僕らはやっていきますね。まだまだ力不足ですが、もっといろいろな人に来ていただけるようにしたい」と今後への決意を見せた。

 長渕さんの「Captain of the Ship」の歌詞に以下のような一節がある。

「眉をひそめられ“でしゃばり”と罵られても『いい人ネ』と言われるよりよっぽどましだ」

 まさにこの歌詞を地で行くような行動に出た大石さん。この「男たちの脱原発」という船をどのようにひっぱって行くのだろうか?

<取材・文/織田曜一郎(本誌) 撮影/日刊SPA!取材班>

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中