生肉新基準に挑発的メニュー登場「ユッケホイル焼き」

今年5月、「焼肉酒家えびす」のユッケで起きた集団食中毒死亡事件を機に、10月1日から生肉処理に関する新基準が施行。当局と店側の攻防が激化している。そんななか、ユッケや牛刺しに代わる代替メニューを出す店が増えた。大部分は食材を馬肉に切り替えているが、創意工夫をこらして牛肉を維持し続ける店もある。

高級住宅街に構える有名店「K」のユッケ風メニューは、加熱処理をしてあるため薄いピンク色。店としては従来とは若干の味の違いがあるというが、店員曰く「店が気にするほど、お客さんは味の違いを気にしていないようです」という。

ユッケホイル焼き

新基準にケンカを売る気満々の「ユッケホイル焼き」

そして、挑戦的なメニューだったのが某店の「ユッケホイル焼き」である。アルミホイルに包まれたユッケが出てきた。店員曰く「生のまま食べられます」というが、ユッケはそもそも生ではないか。

「当店のユッケは網に乗せて焼いて頂くスタイルになっています。焼く時間に制限はありません。焼くか焼かないかもお客様の自由です」(店員)

ということは、ほんの一瞬、網に置いて戻しても良い?

「そういうことですね(笑)」

ユッケを食べるのにこのような茶番を強いられる現状を憂いつつ、考案者の意趣に感服した。特定のメニューだけを狙い撃つ新基準への、痛烈な皮肉に思えてならない。生肉に飢えていた取材班は、もちろんそのまま生でいかせてもらった。

店の涙ぐましい思索と努力、あるいは「火を通せばいいんだろ?」という行政への憤りを感じさせる。

※10/25発売の週刊SPA!「厚労省VS焼肉店 仁義なきユッケ戦争」より

週刊SPA!11/1号(10/25発売)
表紙の人/芦名 星

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中