全米で物議を醸している『アメリカン・スナイパー』の謎を解く戦争映画

 日本でも大ヒット上映中の米映画『アメリカン・スナイパー』。

 2月24日には、主人公のモデルとなった米海軍特殊部隊「SEALs(シールズ)」の元隊員、クリス・カイル氏ら2人を射殺した元兵士の被告に、仮釈放なしの終身刑が言い渡されこともあり話題作りに一役買っているようだ。

映画『アメリカン・スナイパー』オフィシャルサイト

『アメリカン・スナイパー』オフィシャルサイトより

 クリスと被告の共通点は、イラク戦争に派兵され、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を患っていたことだ。

 映画は、基本的にクリスの半生を追う伝記ドラマという体裁なので、何の予備知識もなしに鑑賞すると疑問符が付くシーンが多い。

 まず、出てくるイラク人の誰もが「米兵を殺そうと機会をうかがっている野蛮人」として描かれていることだ。しかも老若男女が、である。それ以外にも、過激派の情報に10万ドルもの大金を要求したり、自宅の床下に大量の武器を隠していたりと、悪だくみに余念がない人々に見える。

 つまり、背景が一切説明されていないのだ。

 米本国では、一部の批評家やジャーナリストからこういった部分が問題視され、「違法なイラク侵略を正当化している」などと批判されている。

 では、どんな補助線を引けばよりクリアになるだろうか。

 イラク戦争を舞台にした3本の映画を材料に探ってみよう。

◆フセイン時代よりもひどい拷問

グリーン・ゾーングリーン・ゾーン』(’10)は、フセイン政権崩壊直後のバグダッドで大量破壊兵器の捜索を命じられるロイ・ミラー上級准将(マット・デイモン)が主人公のサスペンス映画だ。

 だが、ご承知の通り大量破壊兵器云々は、米国がイラク攻撃を行なうためのプロパガンダだったわけで、手渡された情報に従って捜索しても何の成果もなく、最終的にはミラーの個人プレーで虚偽が暴かれるオチになっている。

 事実、2004年10月、米国政府調査団は「開戦時にはイラク国内に大量破壊兵器は存在せず、開発計画もなかった」とする最終報告書を米国議会に提出した。

 結末は正義の軍人ミラーVS国防総省の一高官のバトルに単純化されてしまうのだが、本当に重要なのは少しだけ登場するCPA(連合国暫定当局)の動きだ。

 彼らはバース党関係者を公職(警察官、教職員など)から追放し、イラク軍を解散。20万人以上の武装した兵士が無職になった。

 これが結果として治安悪化に拍車をかけた。

 また、ミラーの個人プレーを終始妨害する特殊部隊の隊長が、容疑者を拷問にかけるシーンも見逃せない。

 バグダッド空港内の立入禁止区域にあった収容所「キャンプ・ナマ」を思わせる。

 アブグレイブ刑務所以前から反乱分子と疑われるイラク人を拉致し、長期勾留・拷問をしまくっていたからだ。担当者が収容者を死なせても罪に問われなかった。しかも高い割合で無実の者が含まれていた。

『アメリカン・スナイパー』の原作では、クリスは「やつら(武装勢力)はジュネーヴ協定を守らない」と憤っていたと妻が回想しているが、米国はそもそも最初から守る気などはなく、グアンタナモのノウハウを秘密裏に持ち込んでいたのである。

 国連調査官が「あまりのむごたらしさに多くの人が、フセイン政権時代よりも今のほうがひどいと言っている」と報告した「骨折を伴う執拗な殴打、睡眠妨害、水責め、性的虐待、電気ショック、極端な寒冷環境にさらす」行為が日常的に行なわれていた。

 ミラーに協力するも「報奨金をやるから安心しろ」と言われ、怒り出すイラク人フレディ(ハリド・アブダラ)の台詞「皆が水も電気もなくて困ってるのに報奨金だと?」は、米国の占領政策のデタラメぶりを一言で表している。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/810965

文/真鍋 厚

テロリスト・ワールド

なぜ、それは〈テロ〉と呼ばれるのか?


グリーン・ゾーン

114分間、あなたは最前線へ送り込まれる。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中