ニュース

ISスパイの嫌疑を掛けられ拘束…常岡浩介が語る「僕が何度も捕まる理由」

 過激派組織IS(イスラム国)とイラク政府軍が激戦を繰り広げるイラク北部を取材中の10月27日、ジャーナリストの常岡浩介氏はクルド自治政府治安当局に拘束された。紛争地の取材中に幾度となく拘束され、“拘束ジャーナリスト”と呼ばれる彼は、なぜ何度も戦地へ赴き、そして捕まるのか――

ISスパイの嫌疑を掛けられ拘束の末、帰還


常岡浩介氏

常岡浩介氏

 2016年10月27日、常岡氏がクルド自治政府治安当局に身柄を拘束された。ISの拠点都市モスルの奪還作戦を取材中だったという。ISのキーホルダーを所持していたことで、「ISのスパイ」と疑われたのだ。

 安否が心配されるなか、11月8日に無事帰国した常岡氏は、外国人特派員協会で会見した。紛争地の取材中に幾度となく拘留され、“拘束ジャーナリスト”の異名を持つ常岡氏に対しては、「日本政府の対応を批判するのでは」という声も一部上がっていた。だが今回は意外なことに、解放に尽力した大使館員に感謝し、外務省への謝辞に多くの時間を割いたのだ。

「何かの役に立つかもと持っていったISのキーホルダーが、イラク大統領の会見のセキュリティチェックで見つかり、拘束されてしまった……。完全に自分のミスですね。ところが、何の連絡もしていないのに、日本大使館の方が来てくれて、交渉して、帰国時にはドバイまで送ってくれた。本当によくしてくださったんです」

次のページ 
送検さえできないのにガサ入れを強行した公安

1
2
3
イスラム国とは何か

三度の潜入取材に成功、世界でただ一人のジャーナリストが語る衝撃の日本人人質事件の背景とは…“脅威”の実像に迫る!




おすすめ記事