「毛生え薬」が効きすぎて全身毛むくじゃらに…【個人輸入薬のリスク】

◆通常認可薬の100~200倍。リスクがありすぎるおクスリ<個人輸入薬>

個人輸入のリスク

※イメージ写真です

 近年、インターネットを使って育毛剤やダイエット薬などを海外から輸入する動きが盛んだ。価格が安く、個人でも注文できる手軽さから購入者が後を絶たない。だが、医療ジャーナリストの田辺功氏によると、個人輸入薬はクスリどころか“リスクの塊”だという。

「通常、医薬品は国の認可制度で管理されており、知識のある医師や薬剤師が処方します。しかし、個人輸入では未認可薬も買えるうえに、服用する量や頻度も購入者任せ。危険があって当然なのです」

 血管拡張による高い発毛効果で人気のミノキシジルの経口薬「ミノタブ」を、個人輸入で購入したOさん(41歳)はこう語る。

「髪が増えたのは嬉しいけど発毛しすぎて手や肩、額までボーボーの“獣”になるとは思わなかった。のむのをやめレーザー脱毛までしてようやく“ヒト”に戻れました」

 血管拡張で循環器に異常をきたすことも多いミノタブ。田辺氏によれば、薬の副作用について、日本人の認識は甘すぎるという。

「そもそも、どんな薬も効能と副作用が必ずあり、量や使い方によっては毒になりうる。正規の薬でさえ危険を孕むのだから、個人輸入の薬は“ましてや”です」

 アメリカでは狭心症による死亡例があまたあるというミノタブ。命と頭髪、大切なのはどちらか。

取材・文/古田雄介 野中ツトム・大貫未来・中村未来・松原麻依・西山大樹(清談社) 高木瑞穂 尾崎ムギ子
― 使ってはいけない2015【6】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中