女が選ぶ「女性をその気にさせるひと言」ベスト5

 ガチでオンナを口説くには、それなりの手間と戦略が必要だが、「広く浅く好感度を上げる」のは小手先で十分。

挨拶 女性というのは妄想好きなので、男性のちょっとした好意を、あとあと自分の中で勝手に盛り上げていく傾向があるからだ。

「眠る前に『今日、髪形褒められちゃったな』などと思い出してはニヤニヤするうちに、まるで告白されたような気になり、『あの人とエッチしたらどんな感じなのかな』とまで妄想してしまうことも……」(32歳・Webデザイナー)。

 このように「女性を“その気”にさせる好意の見せ方」を、SPA!はこれまでにもたびたび検証してきたが、その中からとりわけ小手先っぽいものを選んで女性たちに人気投票してもらった結果は以下の通り。

<Let’s master>ウケるひと言 ベスト of ベスト

1位「あんまムリすんなよ」89人
2位「オススメの◯◯(映画・小説など)超面白かったわ!」83人
3位「華があるよね」「透明感があるよね」(雰囲気を褒める)67人
4位「なんかホッとするわー」64人
5位「意外と◯◯だよね」(ギャップを指摘)56人


 1位に輝いた「あんまムリすんなよ」は、ズバリ「相手を気遣う」セリフ。

「これを言われると『私のこと、気にかけてくれてるんだな』と思うし、それが何度か続けば『この人なら相談にも乗ってくれるんじゃないか』と心を開きやすくなる」(29歳・販売)。

女性にモテる“ひと言”ベスト5 2位には、「趣味が合うこと」をアピールするセリフがランクイン。「職場で趣味の話をされると、『プライベートに踏み込んでくる気があるんだな』と感じるので、距離が縮まる」(28歳・教師)。

 続く3位には「雰囲気を褒めるセリフ」が。顔面偏差値の高低を問わず、派手系には「華があるよね」、地味系には「透明感があるよね」が効く。「『かわいいね』とか『美人だね』とかよりも、パーソナリティを含めて褒めてくれている感じがするのが嬉しい」(31歳・医療事務)。

 4位のセリフは、飲み会で相手の隣に移動したタイミングなどで「この席、なんかホッとするわー」というようにサラリと使うと効果大。「自分はほかの人間とは違う“スペシャルな存在”であると認めてもらったような気がする」(33歳・デパート)。

 5位に入った「意外と◯◯だよね」は、周囲にはマジメだと思われている女性に「意外とギャンブラーだよね」など、ギャップを指摘する形で使うと、「この人、私のことわかってる!」と思わせる効果がある。

 以上が、SPA!が自信を持ってオススメする「ウケるひと言」のベストofベスト。あいさつ代わりに多用すべし!

※20~30代の女性100人に調査(複数回答)。特に好きなわけではない男性に言われて「嬉しい」「悪い気はしない」を合わせた数
<イラスト/石原まこちん>
― 人生[小手先]が9割 ―

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中