WWE日本公演のバックステージに潜入!元ジョニー・エースの気配りは“針の穴”を通す繊細さ

Fumi at WWE日本公演01

WWEホール・オブ・フェーマー、藤波辰爾が日本公演にゲストとして登場 Photo Credit: Masa Horie

 世界最大のプロレス団体WWEの日本公演“WWE Live”のバックステージに潜入取材を敢行した。

 ことしのWWE日本公演は7月3日、4日の2日間、東京・両国国技館で開催された。ツアー・クルーは、総勢50人のプロダクション・チームとWWE本社のスタッフが6月30日から7月1日にかけて2グループに分かれて来日。

 WWEスーパースターズは6月29日の“マンデーナイト・ロウ”ワシントンDC大会を収録後、6月30日にニューヨークを出発。7月2日にシンガポール公演をおこなったあと、7月3日の日本公演初日の午前、東京に移動してきた。

 ツアー・クルーとは別行動のクリス・ジェリコは、7月1日に自宅のあるフロリダから東京に到着。7月5日の公演2日めのみ出場のブロック・レスナーも7月2日午後に単独で来日した。

 今回のWWE日本公演は、2日めの7月4日の公演が“The Beast in The East From Tokyoザ・ビースト・イン・ジ・イースト・フロム・トーキョー”のタイトルでWWEの動画配信サービス“WWEネットワーク”(日本未対応)で全世界に向けてライブ動画が同時発信され、日本国内でもオンデマンド方式で有料ライブ配信された。日本公演における動画配信メディアの導入は、もちろんこれが初の試みだ。

 2日間の日本公演のエグゼクティブ・プロデューサーは――日本のプロレスファンにとっては90年代に全日本プロレスで活躍したジョニー・エースといったほうがわかりやすい――ジョン・ローリナイティスだった。

 ローリナイティスは2日間の公演をひとつのパッケージと考え、「アメリカで同じ土地で2日連続のライブをやるときはいつもそうする」といって初日(3日)と2日め(4日)の“のりしろ”を用意していた。

 アメリカから大移動してきたプロダクション・チームも、初日のハウスショー(テレビ収録なし)を2日めの“ザ・ビースト――”世界同時ライブ配信のリハーサル日ととらえ、3日の公演の一部始終を全5台のテレビカメラのカメラ・リハーサルと両国国技館内に設置された仮スタジオとアメリカ・サイドのスタジオの通信リハーサルにあてた。

 ローリナイティスが日本のオーディエンス向けに知恵を絞ったのは、2日間の公演での藤波辰爾の“起用法”と日本のプロレスの独特の習慣である“紙テープ”の投げ入れシーンの映像収録の方法だった。

 藤波はことし3月の“レッスルマニア31”で“WWEホール・オブ・フェーム”殿堂入りを果たし、今回の日本公演にゲストとして招かれた。

 ローリナイティスは、初日の公演では藤波の登場シーンを第3試合終了後にレイアウト。まず最初にヒデオ・イタミがリングに登場し、かんたんなあいさつ(英語と日本語のミックス)をしたあと、藤波をリングに呼び込み、藤波が登場してきたところで観客がリング内に紙テープを投げ入れるという映像的な演出を考えた。

 初日の公演の午後4時(開場は午後6時)の段階で藤波とミーティングをおこなったローリナイティスは、藤波に対して、入場のさいの音楽は“WWEホール・オブ・フェーム”のオフィシャル・テーマ曲がいいか、それとも藤波が通常、日本で使用しているオリジナルのテーマ音楽を使いたいかを確認した。

 このあたりのローリナイティスの気配りは“針の穴”を通すような繊細さだった。藤波はちょっとだけ考えてから「“ホール・オブ・フェーム”のほうがいいでしょ」とWWEサイドの楽曲を選択した。

Fumi at WW日本公演02 2015.07.03

バックステージでは意外な顔合わせも実現。ヒデオ・イタミに会いにきた小橋建太と藤波のツーショット

 2日めの藤波の登場シーンについては、ケビン・オーエンス対フィン・ベイラーのNXTタイトルマッチの“試合開始前”か“試合終了後”かでローリナイティスとディレクター・チームのあいだで話し合いがおこなわれたが、ローリナイティスは「試合開始前よりも、試合終了と同時に出てきて、(藤波が)勝者を祝福したほうが、より偉大なレジェンドにみえる」と“試合終了後”案を選択した。

「紙テープをどのタイミングで観客に配るかが問題だ。開場と同時に配ったら、ほかの試合で(リングに)投げ入れるお客さんがいるかもしれないだろ。そういう状況だけは避けないと……」とローリナイティスは紙テープの束を1階アリーナ席の観客に配るタイミングについて頭をひねった。

 バックステージにはダンボール箱3つ分の色とりどりの紙テープが用意されていた。いろいろなシチュエーションをシミュレーションし、紙テープ配布のタイミングは第3試合終了直後の場内暗転――ヒデオ・イタミの入場直前のタイミングに決定した。

「WWEホール・オブ・フェーマーであり、日本のプロレス界のレジェンドである藤波辰爾の登場シーンのため、ただいまアリーナ席のお客さまに紙テープをお配りしています。いましばらくお待ちください。ただいまアリーナ席のお客さまに紙テープをお配りしています。いましばらくお待ちください」

 場内アナウンス用の“日本語ナレーション”の原稿が作成された。

 第3試合のルチャ・ドラゴンス(シン・カラ&カリスト)対ニュー・デイ(ビッグ・E&エグザビアー・ウッズ)対ロス・マタドールス(ディエゴ&フェルナンド)のトリプル・スレット・タッグマッチが終了すると、場内が暗転となった。

 ヒデオ・イタミがリングに登場してきた。

「It’s good to be back in Japanなーんってカッコつけて英語であいさつしちゃったりして。みなさん、お久しぶりです。――この方はWWEホール・オブ・フェーマーであり、日本のプロレス界の偉大なるレジェンドです。ぼくたちは、この方のプロレスを観て育ちました。ご紹介します。藤波辰爾さんです!」

“WWEホール・オブ・フェーム”のオフシャル・テーマ曲に乗って、スーツ姿の藤波が入場ゲートに現れた。ビデオ・スクリーンにはWWEプロデュースの藤波のPVが映し出された。

 藤波がリングに登場し、観客席に向かって手を振った瞬間、アリーナ席の四方から数百本の紙テープがリングに投げ込まれた。ローリナイティスの考えたとおりの“日本のプロレスの風景”がドンピシャのタイミングでTVカメラに収められた。

 色とりどりの紙テープが宙を舞うシーンは、じつは2日めの“ザ・ビースト――”世界同時ライブ動画配信のあるシーンのリハーサルになっていた――。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※「フミ斎藤のプロレス講座」第44回

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中