「ライザップ誕生のきっかけは高校時代の彼女」生みの親が語る“前人未到のビジネスモデル”

健康コーポレーションの瀬戸健社長「結果にコミットする」――。衝撃的なCMを打ちまくり、ダイエット業界に一大旋風を巻き起こしているライザップ。同ジムの運営元社長、瀬戸健氏は24歳で起業した後、いかにして“結果重視型パーソナルトレーニングジム”というビジネスモデルに辿りついたのか?

 ここ数年で瞬く間にダイエット業界を席巻したライザップを運営する、健康コーポレーションの瀬戸健社長。24歳で起業して以来、ダイエットクッキーや美顔器などの販売で成功してきた瀬戸氏だが、それまでとは異なるサービス業というビジネスモデルを手掛けるきっかけとなったのは、意外にも高校時代の記憶だった。

――なぜ物販からライザップというサービス業に進出したのですか?

瀬戸:ヒントになったのは高校時代に付き合った彼女とのダイエット経験です。彼女は152㎝で66㎏と、ちょっと太めだったんです。そこで「痩せたらもっと可愛くなるんじゃない?」と私が言うと、彼女は懸命にダイエットを始めたんです。

 食事制限やランニングを続けて、2か月で23㎏も痩せた。みるみるうちに変わっていったんですね。僕も3か月間ぐらい毎日電話して、いわばカウンセリングをしていました。

――アドバイスをしていた?

瀬戸:というより、一緒になってやり切ってくれるような伴走者ですね。その彼女が「一緒になってやってくれたからここまで痩せられたし、すごく感謝してる」と言ってくれたことで、伴走者の存在の大切さを実感したんです。まあ、綺麗になったら振られてしまいましたが……。だけど、カウンセリングしたことを感謝されたインパクトがありました。

――彼女にどんなカウンセリングをしたんですか?

瀬戸:まず、ゴール設定をしました。それもワクワクするような。当時は2人でお店回ったりして「この服絶対着ようよ」とか、水着を見て「これ着られるようになったら海行こう」とか言ってました。食事についても「こういうふうにしよう」と、知識がないながらも一緒にやりました。その中で大事だと思ったのは、継続して褒めることです。たったそれだけのことでダイエットに絶大な効果があることを実感しました。

――その成功体験がベースになった。

瀬戸:はい。そうした経験や、僕も学生時代から自分が変われたこともそうなんですけど、人ってやっぱり変われるんだ、人を輝かせるような仕事がしたいと、漠然とですがずっと思っていたんです。そう考えるなかで、まずは「豆乳クッキーダイエット」という商品がスタートしたんですね。豆乳クッキーダイエットにしても、彼女は食事制限がキツそうだったことを思い出して、無理なくお菓子を食べながら痩せられたら楽しいんじゃないかという発想から始まったんです。ただ、それでも壁にぶち当たってしまう人もいる。豆乳クッキーの商品力や効果には自信あったんですけど、やはり道半ばにして諦めてしまうお客様もたくさんいらっしゃいました。そこで、やはり一人でやるダイエットには限界があると強く感じたんです。

 このあともインタビューはまだまだ続きますが、その模様は9/15発売の週刊SPA!に掲載されているインタビュー連載『エッジな人々』にてご覧ください。 <取材・文/杉山大樹 撮影/菊竹 規>

週刊SPA!9/22・29合併号(9/15発売)

表紙の人/香里奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中