PCが故障した…「買い替え/修理」損得のライン

「昨日まで動いていたのに…」ある日突然やってくるパソコンの故障。うっかりコーヒーなどの飲み物をこぼしたり、日頃持ち歩くノートPCは落下による破損の危険も。そこで迷うのが、修理に出すべきか、新しいパソコンに買い換えるべきかだ。どちらが安くすむのか、故障別による「損得ラインの基準」を探った。

一体型デスクトップやノートPCは高額な修理費用がかかることも

MB基板の焦げ


 PCに多く見られるトラブルのひとつが電源不良。なかでも、一体型デスクトップやノートPCは高額な修理費用がかかることも。

「ACアダプタの故障でなければ、原因はMB(マザーボード)です。修理可能な場合は2万5000円前後で済みますが、交換する場合は5万~6万円と、値段は倍以上に跳ね上がります」(PCサポーターズの蒲原竹二郎氏)

 修理費を大きく左右するMBで注目するべきは、基板の焦げだ。

「ヒューズやコンデンサなど、MB上に載っている素子が原因の場合は、その部品だけピンポイントで替えることができるので修理が可能です。しかし、基板が焦げている場合は、MBそのものを交換せざるを得ないので、高額になってしまうんです」

 電源不良でも、MB基板の焦げが原因なら、買い替えが得だろう。

ACアダプタの断線

ACアダプタで怖いのは断線よりも挿し方。雑に挿して、内部に火花が飛ぶとMB基板が焦げてしまい、高額な修理費用がかかることも……

液晶の破損


 パネル割れやバックライトの故障といった液晶の破損。見た目にはダメージが大きく、買い替えたほうがお得な気もするが……。

「PCが薄型化するにつれて液晶のパネル割れはかなり増えました。ノートPCの場合、弊社では修理すると2万5000円前後ですね。一体型PCの場合は3万~4万円かかりますが、本体の値段を考えると、修理するほうが得かもしれません。というのも、液晶パネルの破損は使用者責任になるので、メーカーの保証対象外になることが多いんです。買った時期にもよりますが、これらの値段がひとつの目安になると思います。バックライトも、LED液晶の場合はパネルごと交換するので同額程度です」(蒲原氏)

 バックライトを交換しても、インバータやマザーグラスが劣化する可能性のある旧型のPC以外は、総じて修理がお得なようだ。

個人で救出は危険大「HDDサルベージ」


 ネット上にフリーソフトや救出方法が出回り、なんだか敷居の低そうなHDDサルベージ。しかし、蒲原氏は「個人でデータ救出ができるのはごく一部のケースだけ」と語る。

「HDDの故障は軽度・重度の論理障害と物理障害、4つに分けられます。そのなかで、個人がソフトを使って救出できるのは誤って消したデータを救出するような軽度の論理障害まで。OSが正常に動いている状態での救出ですね。起動途中にブルースクリーンになる、電源が落ちてしまうなど、重度の論理障害では、チェックディスクの使用すら危険です。というのもHDD内のヘッドやプラッターは磁力で働いているので、負荷をかけ続けると部品自体が故障してしまう。すると今度は重度の物理障害という扱いになるんです」

 ちなみに重度の物理障害の修理費用は数十万円が相場だそうだ。

個人でHDDの救出は危険大

素人が修理できるのは、「ゴミ箱を間違えて空にしてしまった」というような軽度の論理障害のみ。それ以上の故障となった場合は、たとえ物理的なダメージがなくとも、チェックディスクの使用すら命取りとなってしまう

【PCサポーターズ】
ノート・デスクトップ・一体型、すべてのパソコン修理に対応。パーツの修理、データ復旧、ネットワーク構築、Web制作なども行う(http://www.p-supo.com/

取材・文/SPA!編集部
― iPhone&PC「買い替え/修理」損得ライン ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中