スポーツ

WWEとPPVプロバイダーが衝突――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第87回

WWEオ フィシャル・マガジン

WWEとPPVブロバイダー=ケーブルTVが有料放映の収益分配をめぐって衝突。 ホーガンとマッチョマンとエリザベスの恋愛ドラマのゆくえは?(写真は「WWEオ フィシャル・マガジン」表紙より)

 ハルク・ホーガンと“マッチョマン”ランディ・サベージの仲間割れはNBC特番“サタデーナイト・メインイベント”のラストシーンで起きた(1989年2月3日=ウィスコンシン州ミルウォーキー、ブラッドリー・センター)。

 メインイベントは、ホーガン&サベージ対ビッグ・ボスマン&アキーム(ワンマン・ギャング)のタッグマッチ。ホーガン&サベージのセコンドには、もちろんエリザベスがついていた。

 試合中、エリザベスが場外乱闘に巻き込まれて失神し、ホーガンは試合そっちのけでエリザベスを“お姫さま抱っこ”でバックステージに運んでいった。リングに残されたサベージがヒール・コンビにボコボコにされた。終盤戦、ホーガンがリングに戻ってくると、サベージはホーガンの顔にいきなり平手打ちをかました。

 ホーガンがビッグブーツからレッグドロップへの定番パターンでアキームをフォールし、試合はひとまずジ・エンド。試合終了後、TVカメラはバックステージの医務室に切り替わり、ここでサベージがいきなりホーガンに襲いかかった。サベージは、ホーガンとエリザベスの“関係”に疑いを抱いていた。

 ホーガンの救出にブルータス・ビーフケーキがかけつけた。あとになってみると、ビーフケーキの突然の出現はこの年の8月の“サマースラム”への伏線だった。

次のページ 
ホーガンとサベージの友情ストーリー

1
2
3





おすすめ記事