雑学

一人でいることをどう楽しむか?を描くエッセイ漫画が人気なワケ 【荻上チキ×清野とおるのファミレス対談】

評論家・荻上チキが『ゴハンスキー』(週刊SPA!にて連載中)も評判の漫画家・清野とおる氏を訪ねて北区赤羽へ。清野氏御用達のファミレスで漫画のこと、幼少期のことをつらつらと

荻上チキと清野とおる

対談の場所は、清野さんがネームによく使うファミリーレストラン。『ゴハンスキー』第2巻にも登場の店

チキ:最近、グルメ漫画って、いっぱい出てますよね。

清野:実は僕自身、あまり読まないんですよ。四六時中自分の作品を描いてると、空いた時間で人の漫画を読むのも楽しめなくて。自分は自分のやりたいことをやるだけですね。

チキ:グルメ漫画ってデフレ飯かリッチ飯で軸ができると思うんですが。その中で、『ゴハンスキー』は底辺ですよね、デフレ飯の。

清野:ド底辺ですね。もう、クソ漫画ですよ、本当にもう。

チキ:いや、デフレ飯エッセイ漫画の金字塔を打ち立てましたよ。

清野:食に特化したマンガの連載は初めてだったので、括りを設けずに、毎週、頭に浮かんだことを好き放題やってやろうって感じです。

チキ:グルメだけでなく、散歩、お酒に街モノと、今、エッセイ漫画・体験マンガが氾濫していますよね。かつては、『だめんずウォーカー』とか男女の恋愛に注目が集まっていた。今はカップルを前提とするんじゃなくて、一人で振る舞うことを前提としたエッセイがいっぱい出てきている印象です。『孤独のグルメ』も含め、一人をどう楽しむかを描くものが増えたなって感じがします。

清野:そういうのは、やっぱり一人で行動する人が読むんですかね。

チキ:一人でいる自分を肯定してくれる道具として、読まれるものが増えた気がしますね。

清野:共感ですかね。共感って最強ですもんね。

チキ:共感が一つと、変なエピソードトークって鉄板じゃないですか。こうした漫画も、友達から聞く感覚で疑似体験できるみたいなところはあるのかも。そういった作品が受けている感じがします。

清野:自分にはできないことをキャラクターがやってくれるみたいな。

次のページ 
ネタってどうしてるんですか?

1
2
ゴハンスキー3

グルメマンガの常識を覆す全27話を収録


ゴハンスキー2

珍才マンガ家・清野とおるのノンフィクショングルメマンガ第2弾


週刊SPA!6/7号(5/31発売)

表紙の人/ 岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事