スポーツ

“LT”が“レッスルマニア11”ゲスト出演――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第184回(1995年編)

WWEオフィシャル・マガジン1995年4月号表紙

“レッスルマニア11”の目玉カードは、なんとNFLの大物プレーヤー“LT”ことローレンス・テイラーの“プロレス体験”だった。やっぱり、“レッスルマニア”にはセレブリティーのゲスト参加は欠かせないのか。(写真はWWEオフィシャル・マガジン1995年4月号表紙)

 ビンス・マクマホンが“レッスルマニア11”(1995年4月2日=コネティカット州ハートフォード、ハートフォード・シビックセンター)の“主役”として用意したのは元プロフットボール・プレーヤーのLTことローレンス・テイラーだった。

 LTは1959年、バージニア州ウィリアムスバーグ出身。UNC(ノースカロライナ大学)在学中にはオールアメリカン選抜として活躍し、1981年のNFLドラフトでニューヨーク・ジャイアンツに入団。1981年から1993年まで13シーズン、ジャイアンツに在籍し、スーパーボウルⅩⅩⅠ(1987年=対デンバー・ブロンコス)とスーパーボウルⅩⅩⅤ(1991年=対バッファロー・ビルズ)でチームの勝利に貢献した名ラインバッカーである。引退後は映画俳優としても活躍した。

 LTの“レッスルマニア11”出場までの連続ドラマは、そのひとつひとつのシーンと局面がキメこまかくプランニングされていた。

次のページ 
WWEの映像にLTが初めて登場したのは

1
2
3




おすすめ記事