雑学

「あと一杯だけ奢ってくれ! 飲みたいんだ!!」――46歳のバツイチおじさんはインドで完全になめられた【第30話】

46歳のバツイチおじさんによるノンフィクション巨編「世界一周花嫁探しの旅」、今回の滞在地は7か国目インドです。前回、盗まれたパソコンやカメラをインドで買い直し、心機一転、旅を再開することにしたバツイチおじさん。ガンジャマンなる陽気なおじさんとの出会いで、インド旅の目的を「漢(おとこ)磨きの旅」に設定したようですが……。今回は、とある一日のたった数時間の物語ですが、期待を裏切らないズンドコ展開がさく裂します!

「この子を連れて帰るなら、俺たち全員分のお金をお前が払えよ」――46歳のバツイチおじさんはアラブの荒くれ者に難癖をつけられた英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」【第30話 インドのジャイアン】

スリランカで美人中国人リーにフラれ、その直後に30万円相当のパソコンやカメラを盗まれた。インドに入り、パソコンやカメラはなんとか買い直すも、気分はどん底。
そんな気分でやってきた南インド・マイソールで、超~怪しいおっさん、通称“ガンジャマン”と出会う。ちなみにガンジャとはマリファナのことである。俺はこのおっさんからの怪しい誘い、“ガンジャパーティー”なるものを断り、彼と別れた。しかしこのおっさん、なぜか”漢”として魅力的で、彼との出会いをきっかけに、自分自身の“漢らしさ”について深く考えるようになった。

魅力的な“漢”になれば向こうから花嫁候補が近寄って来るはず。

そう痛感し、インド旅のテーマを『“漢”磨き』に決めた。
インドに行くと人生観が変わるという話をよく聞くが、本当に俺を一人前の“漢”に変えてくれるのか?

“ガンジャマン”と別れた後、俺は一人マイソール宮殿に向かった。通称パレスと呼ばれるその宮殿は、イスラム教とヒンドゥー教がうまく融合したインド・サラセン建築様式で建てられた貴重な歴史的建造物である。宮殿内は写真撮影が禁止。その内装は豪華で、当時のインドの金持ちたちの生活が伝わってくるようだった。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1209071

歴史的建造物であるマイソール宮殿。通称パレス

一通りの観光が終わると、建物の外に出て、水を飲んだ。気温は35度を超えていて、たまに水分補給をしないと脱水症状になってしまう。インドの太陽は殺傷力の高い暑さで、石畳はホットプレートのように熱い。
俺は影のある場所を見つけ、腰を下ろした。汗を引くのを待ちながらパレスをボーと見ていると、二人組のインド人が話しかけてきた。片言の英語だ。

インド人①「写真撮ってもらってもいいですか? この王宮をバックに」
俺「あ、いいですよ」

二人は男同士で異様に盛り上がり、仲よさそうに肩を組んでポーズを決めた。
ゲイカップルか男兄弟のようなノリである。撮影が終わると無邪気に写真を見て盛り上がった。

インド人②「#$*$%*&」

二人のうち一人は英語が全く話せない。
ずっとローカルな言葉で俺に話しかけてきたが、全く理解できない。
「英語しか喋れないよ!」と言っても、全く気にせずヒンディー語で喋り続ける。
すると、もう一人の男が片言の英語で話しかけてきた。

インド人①「どこから来たの?」
俺「日本だよ。東京」
インド人①「おー!日本人か珍しい」

インド人①「#$%@&*(おい、日本人らしいぞ)」
インド人②「*&%$#@(おー珍しい!写真撮りたい)」

二人はさらなる盛り上がりを見せた。予想だがおそらくこんな内容の話をしていたと思う。

インド人①「よかったら記念に3人で写真を撮らない?」
俺「あ、いいね。撮ろう」

それから3人で記念写真を撮った。

パレスの前でインド人と記念撮影するバツイチおじさん

英語が喋れないインド人②は興奮して誰かに電話をしている。
インド人①の説明によると、電話の相手はインド人②の弟であり、俺と写真を撮ったことを自慢しているそうだ。
日本人がよっぽど珍しいらしい。
そういえば南インドに来て、日本人どころか韓国人、中国人も一人も見かけていない。

インド人①「一人旅?」
俺「うん。そうだよ」
インド人①「この後どうするの?」
俺「うーん。特に決めてないけど…」
インド人①「じゃあさ、一緒に晩飯でも食べようぜ」

昨日までつるんでいたガンジャマンよりはまともな感じがする。
あんまり英語が通じないのは面倒くさいけど、ま、いいか。


俺「……うーん。そうだね。行こうか」

ということで、ローカルな二人のインド人と晩御飯を共にすることになった。

次のページ 
猛暑の中、ビールを探してマイソールの街を歩き回る

1
2
3
4





おすすめ記事