ニュース

「沖縄の米軍基地を本土へ運動」を支持する人たちの主張

 沖縄の米軍基地撤去を叫ぶ声は絶えない。だが「基地はどこにもいらない」との反対運動が逆に県民の望む「県外移設」を阻んでしまう。本土の基地反対派も沖縄に基地を押しつけているとの視点から「基地を引き取る」運動が始まった。

“かつての仲間”からの激しいバッシング


福岡で行われたシンポジウム

9月17日、福岡で行われたシンポジウムに約200人が参加、“自分事”としての基地問題を話し合った

 福岡市の里村和歌子さん(41歳)が「米軍基地を引き取る」と発言したのは昨年7月。

 里村さんは’10年、広島修道大学大学院で受けた野村浩也教授の授業に衝撃を受けた。野村教授は「沖縄米軍基地の県外移設」を訴える。その根本にあるのは「74%もの米軍基地を沖縄に押しつけている本土の植民地主義」だ。

 里村さんは「沖縄を語る会」という勉強会を2か月に一度開き、沖縄の問題を話し合ってきた。昨年7月には『沖縄の米軍基地「県外移設」を考える』(集英社新書)を上梓した高橋哲哉東京大学大学院教授に講演してもらい、里村さんの心に火がついた。勉強会の終わりに勇気を奮ってこう発言した。

「私は引き取り運動を始めます。集まる人はいませんか?」

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1249368

 8人が賛同し、里村さんは「本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会」を設立。メンバーは現在40人を数える。だが、運動を展開するうえで厚い壁とも言えるのが「基地絶対反対」運動だという。同団体のメンバーには辺野古で基地反対運動を経験した人がいる。その仲間は「基地をなくすのが目的。引き取るとは何ごとか」と批判、同団体を去った。心療内科に通うほどに“かつての仲間”からの批判に疲れてしまった人もいる。

「運動当初、『基地はどこにもいらない』派と議論すると、やりとりは騒然としました。『我々の運動を分断するな』と……」(里村さん)

次のページ 
引き取り論を展開する根拠は…

1
2
3
4
沖縄の米軍基地

「日本よ、在沖米軍基地を引き取れ!」と訴える沖縄の声にアクチュアルに応答した、画期的な論考


記憶のエチカ

歴史修正主義や戦後責任、歴史認識を考えるときの必読書





おすすめ記事