雑学

中年オヤジの「ウザい自虐ネタ」ランキング 300人アンケートで判明した1位は?

 加齢とともに思考は凝り固まり、発言に無頓着になっていくアラフォー世代。20~49歳の男女300人のアンケートでは、約7割が少なからず上司や同僚を「痛い」と感じているという。そこで、アンケートを基に「中年の痛い発言」ランキングを作成。職場での自分の発言を顧みながら、身を引き締めてご覧あれ!

窮屈な生活が自虐オヤジを生む


オジサン お笑いコンビ・トレンディエンジェルの“ハゲネタ”に代表されるように、自虐ネタは笑いを取りやすい。こうした理由もあってか、「加齢による劣化」や「世代間ギャップ」を実感している中年男性は、自虐的な発言に走ろうとする。

 だが「飲み会で『つまらないおじさんでごめんよ』という上司の発言に対し、『おじさんなんかではないですよ』と否定するのも面倒」(28歳・♂・IT)や、「朝一番で『歯を磨き忘れた。臭いかな』とかリアルすぎて。打ち合わせや会議で隣になるのも嫌です」(26歳・♀・貿易)など、ネガティブな印象を与える自虐的なコメントには辛辣な意見が集中した。

 アンケートでも「おじさんといても楽しくないでしょ」(167人)は5割以上、「加齢臭で枕が臭くて困る」(122人)は4割以上の人が「痛すぎる」と認定。自虐的な発言を好む中年男性の心理を心理カウンセラーの根本裕幸氏はこう分析する。

「精神的に余裕がないからでしょうね。特に妻子持ちの中年男性は、自由に使えるお金は少なく、毎日が仕事と家の往復ばかり。生活が窮屈に感じますから、悲壮感が漂い、発言も自虐的になりやすい」

 精神科医の片田珠美氏も「大きなストレスを感じているケースが多いです。誇れる実績や成功体験がないので、自分をなかなか肯定できない。アイデンティティを失っている可能性が高く、うつ病や自殺に繋がるリスクもあります」と警鐘を鳴らす。

次のページ 
加齢による身体的な劣化は避けられないが…

1
2
3
こじれたココロのほぐし方

予約の取れないカウンセラーが、教える心のケア。1週間で心の軽さを実感できる!


他人を攻撃せずにはいられない人

精神科医として「ターゲット」にされて、痛い目に遭った患者たちから聞いた、人を陥れる「攻撃欲の強い人」を事例で紹介


1週間であなたは伝説になる 挨拶のバカ力!

挨拶を極めれば、人生は思いのまま。このパワー、規格外!見た目や雰囲気まで変わって、周りの評価もぐんぐん上がるたった7日の速効テクニック!


妖怪男ウォッチ

嘘、わたしの彼って妖怪男だったの…!?女を不幸にするダメ男を大解剖!人気ブログがついに書籍化!!




おすすめ記事