R-30

年収80万円・36歳男性の極貧生活に未来はあるのか? 食費は一食120円、家賃2万8000円の事故物件…

 空前の株高に見舞われた’16年末の日本経済。しかし、最新データによれば所得格差は過去最高水準に達し、子供の貧困率は16.3%と高い数値を示す。安倍首相は「相対的貧困率は大きく改善した」と語ってはいるが、確実に増え続ける生活困窮者。彼らが跋扈する日本の未来にはいったい何が待っているのか? ここでは、等身大の貧困ケースを紹介しよう。

食費は一食120円、住まいは家賃2万8000円の事故物件etc. 貧困大国ニッポンに生きる人々の未来予想図とは?

年収80万円の古川政嗣さん(仮名・36歳)。月収7万円前後の在宅ワークで極貧生活を続ける

食費は1食120円。40歳を目前に極貧ライフに不安が募る


 貧困に苦しむ人たちはどのような未来を描いているのか――。話を聞いたのは、神奈川県在住の古川政嗣さん(仮名・36歳)。在宅ワーカーとして働く彼の年収は80万円しかない。

「他人と働く職場では、仕事が長続きしないんですよ。コンビニ、工場のライン工、警備員といろいろやりましたが、結局人と交わらなくていい在宅ワークに落ちつきました。テープ起こしや、ブログ記事の作成が主な仕事で、月7万円稼げるかどうかです」

 そのため、生活は困窮を極める。昨年の更新時に「2000円も値上がりした」という家賃2万8000円の事故物件アパートに住み、食費は100%自炊で1食120円以下。風呂は多くて週1回と節約生活を送っている。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1264525

食費は一食120円、住まいは家賃2万8000円の事故物件etc. 貧困大国ニッポンに生きる人々の未来予想図とは?

在宅ワークゆえ、この部屋で1日の大半を過ごす。今一番困っていることは「ブラウン管のテレビでは地デジが見れないこと」だとか

次のページ 
「派遣でも契約でもいいので、とにかく社員になりたい」

1
2
週刊SPA!1/3号(12/27発売)

表紙の人/ KinKi Kids

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事