エンタメ

乃木坂46、欅坂46と姉妹そろっての紅白出場に「来年は“坂道旋風”を巻き起こしたい!」【第67回紅白歌合戦】

「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、12月28日から東京・渋谷のNHKホールにて始まった。初日には、紅組として2回目の出場で、メンバーの橋本奈々未の卒業を控える乃木坂46らがリハーサルに登場した。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1265872

乃木坂46 本番では後半戦のトップバッターを務める乃木坂46だが、来年2月20日のさいたまスーパーアリーナ公演で卒業する橋本奈々未は、今回が最後の紅白出場に。今の思いを聞かれると、橋本は「今年は自分が紅白のステージにセンターで立たせてもらう経験ができることに驚きと、リハーサルをやってこれを本番で本当にやるのかと感じました。とにかくうれしい。みんなで楽しめたら」と心境を語った。「センターからの景色は違う?」と聞かれると橋本は「位置よりも最後というのが大きい。去年は紅白に出たことで、お正月に実家に帰った時に“紅白見たよ”といろんな方から言ってもらえたのがうれしかった」と感慨深げな表情を浮かべた。

乃木坂46

今回センターの橋本奈々未は、来年2月20日のさいたまスーパーアリーナ公演で卒業する

 昨年の初出場に続く2年連続の出場については、西野七瀬が「『一度だけだったらどうしよう』という思いがあって、今年は2回目も出られるように活動してきたので、うれしいです」と笑顔に。生田絵梨花は「前回は初出場ということでみんな緊張の面持ちだったんですが、今回は『3回目を目指すぞ!』という勢いのあるステージになればいいな」と意気込みを語った。

 そして今年は、同じ坂道グループの欅坂46も初出場する。これについて白石麻衣は「すごくありがたいこと。両グループが紅白で最高のパフォーマンスを見せて、たくさんの方に知っていただけるよう、頑張りたいです」と言葉に力を込めると、秋元真夏は「来年は“坂道旋風”を巻き起こしたいです。まずは日本、次は世界を目指すくらいの勢いで突き進んでいきたいと思います!」とさらなる飛躍を誓った。

乃木坂46 また、女優のあき竹城と親交があるという高山一実は、「あき竹城さんが頑張ってねと、四つ葉のクローバーをくれたんですよ。それをお守りで持って、あきさんにも届くように頑張りたいと思います」とほっこりエピソードを披露した。

 なお、今年の初出場は、市川由紀乃、宇多田ヒカル、大竹しのぶ、欅坂46、PUFFY、桐谷健太、KinKi Kids、THE YELLOW MONKEY、RADWIMPS、RADIO FISHの10組。RADWIMPSのステージでは、同バンドが音楽を担当した映画『君の名は。』の新海誠監督が編集したスペシャル映像が流れることが決定。また、AKB48グループは、視聴者の投票によって出場者を決める企画「AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう!」を実施し、選出された48人がステージに立つ。 <取材・文/北村篤裕 撮影/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事