エンタメ

オリラジ中田「まだピコ太郎の存在を認めていないので」――恋ダンスにPERFECT HUMAN…今年の顔が紅白リハに登場!

 「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、12月28日から東京・渋谷のNHKホールで始まった。初日には“恋ダンス”が話題となった星野源や、『PERFECT HUMAN』が若い世代を中心に大ブームとなったRADIO FISHなど、2016年を彩ったアーティストたちが登場した。

 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の主題歌『恋』を歌う星野源は2年連続2回目の出場。NHKホールの感触を確かめるように入念な音合わせを行った。終了後囲み取材に応じた星野は「(NHKホールは)昨年の紅白やその他の番組で何度か立たせていただいているのですが、雰囲気がとても好きなので落ち着いて歌えそうです。昨年も観客の皆さんの熱気がすごかったので、今年もその熱を感じられると思うと今から楽しみ」と抱負を語った。

 社会現象にもなったドラマについて聞かれると、「街を歩いていても“ドラマ見てます!”とすごくたくさんの方から声をかけていただきました。中学1年生の時から音楽と芝居をずっとやってきて、そのどちらも本当に頑張って活動してきたつもりなので、それが報われたようで嬉しいです。人生の中でそうは無いことだと思うので、こんなに幸せなことがあって良いのかなと感じています。ドラマの共演者やスタッフの皆さんも僕が紅白に出るのをすごく楽しみにしてくださっているので、そういう皆さんにも楽しんでもらえるよう精一杯頑張りたいです」と感謝の言葉を口にした。

 本番ではドラマで共演した新垣結衣が審査員席に座るため、「サプライズでのコラボがあるのでは?」との噂も流れているが、この日のリハーサルではその流れは見られず。その点に質問が及ぶと「審査員の皆さんやお客さん、テレビの前の皆さんも踊ってくれたら嬉しい」と明言はしなかった。本番でどのような演出が施されるのか注目したい。

 オリエンタルラジオの2人が率いるRADIO FISHもド派手な衣装に身を包み、バックダンサーを引き連れ大迫力のリハーサルを行った。「我々が今までやってきた中でも間違いなく最高のパフォーマンスになると確信しました」と仕上がりも上々だ。「今年を漢字1文字で表すと爆発の“爆”。最高の1年でした。ずっと今年なら良いのに(笑)」(中田)という1年の締めに相応しい舞台となるだろう。

また、記者から「ピコ太郎の存在は意識するか?」という質問が飛ぶと、

中田「まだ僕らは彼の存在を認めていないので」

藤森「そんなことはないですよ僕は別に」

中田「出場しないということになっていますけど」

藤森「いや、(出場)しますよ。リハでも隣にいました」

中田「いないんです」

藤森「いますよ!ピコ太郎さんに曲振りをしてもらうんですよ」

中田「これは…血の匂いがしてきますね」

藤森「しないよ!!」

と流石のテンポの良い掛け合いを披露。

「(中田が着ていた)金色の衣装はやはりピコ太郎さんを意識しているのか?」との質問に対しては「手が届く距離だったら彼(質問した記者)の顔が潰れるところでした」(中田)「マネージャー!ちょっと彼チェックして〜」(藤森)と即座に否定。あくまでも「豊臣秀吉をモチーフにしている」(中田)と強調した。

「たまに気さくにお笑いもこなしていますが、本業はあくまでもアーティスト。今回の紅白を弾みにして、2017年もアーティストとしてさらに高みを目指したい」と意気込み、最後は「誰もが顎が外れる、目を白黒する、鼻が曲がる。それくらいの衝撃を与えられると確信しております。期待してください」と自信に満ちた表情で語り、会見を終えた。

 決して明るいニュースが多かったとは言いがたい今年の芸能界。そんな中にあって2016年を多いに盛り上げた二組のステージは、より一層の注目を集めることになりそうだ。

⇒【写真】はコチラ(リハーサルの様子) https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1265988

取材・文/福田 悠 撮影/日刊SPA!編集部




おすすめ記事