雑学

空き家を勝手にシェアハウスにして年間2400万円を稼ぐ男――クレイジーすぎる「裏副業」の実態

 この世には、「法律やモラルは関係なし。儲かればよし!」をモットーに荒稼ぎする猛者たちがいる。その手法を聞くと決して猿真似は現金だが、鮮やかな手口の連続だった。世間でひっそり営まれる“裏副業”の実態とは? ここではひとつの実例を紹介しよう。

空き家を勝手にシェアハウス化し、年間2400万円の増収――クレイジーすぎる「裏副業」の実態【勝手にシェアハウス運営】

空き家問題を逆手に取り、年間2400万円増収!


 池袋北口から徒歩5分。築40数年の老朽化した雑居ビルに“現場”はあった。エントランスの郵便受けを見ると、中国語の書かれたプレートがずらりと並んでいる。山村康太(仮名・42歳)はこのビルの空室を利用して、とんでもない副業を営んでいた。

「シェアハウスと民泊を、こっそり営んでます。秘密の副業です」

 本業は居酒屋で店長をしているという山村氏。“こっそり”とはどういうことか?

「手つかずで放置されてる物件に、大家さんの許可なく内装入れて、運営するんです。関東で2~3年前に始まったんですが、最近は関西でもこのパターンが増えている。大家さんが高齢の場合、チェックに来ることもまずない」

 大胆不敵にも程があるが、明らかな犯罪行為。からくりはどうなっているのか?

「部屋を管理する不動産屋の友人から空室情報をもらい、安全そうな物件を厳選。物件が決まったら、彼から合鍵を“買う”んですよ。空室の場合20~30万円程度、空き家の場合30万~50万円が相場です。部屋に入れるベッドや布団、家具と合わせ、初期投資はだいたい100万~150万円程度で済む。家賃ゼロなので、客を入れれば入れただけ儲かる仕組みです」

次のページ 
闇商売が成り立つ背景

1
2
週刊SPA!3/14号(3/7発売)

表紙の人/ 高畑充希

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事