恋愛・結婚

「朝活風俗」がブームに!? 出社前に歓楽街を経由する男たちの知られざる日常に密着

いま「朝活風俗」が熱い!? 出社前に歓楽街を経由する男たちの知られざる日常に密着 早朝の歓楽街、人気(ひとけ)もまばらで夜とは打って変わって気だるい空気が流れる中、この時間帯に1日のピークを迎える一角がある。朝一番から営業を開始する風俗店では、遊び方を知る好事家たちが日々「朝活」に励んでいるという。

「今、朝に遊ぶ風俗はかつてない盛り上がりを見せています」

 そう語るのは風俗情報誌『俺の旅』編集長の生駒明氏だ。

「早朝帯に大胆な値引きをしているお店は増加の一途をたどっていて、高級店のなかには、通常より2万円近くもお得な朝限定のコースを設けている店もあり、それ狙いの常連も多いですね。しかも、朝イチなら女のコたちもその日はまだ“処女”。得られるメリットはお金だけではないんです」

 だが、歌舞伎町や池袋、吉原といった代表的な歓楽街を早朝、実際に歩いてみても、イマイチ盛り上がっている気配はない。

「それには明確な理由があります。朝に遊び慣れた人はフラフラと歩きながらお店を品定めしたりはせず、風俗情報サイトや各店のSNSなどであらかじめ吟味し、前日のうちに予約をして直行しています。なので、外からは流行っているように見えなくても、店内はお客さんでぎっしりという人気店も珍しくありません」

 昨今、その盛り上がりは全国各地の歓楽街に波及しているという。

「ススキノ、中洲、福原などでは大衆店を中心に早朝営業が活況です。“先着10名様”などの特別割引を実施しているところがあり、そういったサービスがある店舗ではお客さんが殺到しています」

次のページ 
客と嬢、店舗側、各々にメリットが存在

1
2
週刊SPA!5/16号(5/9発売)

表紙の人/ 有村架純

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事