スポーツ

ホークとケンスキーの出逢いwithマサ斎藤――フミ斎藤のプロレス読本#012【Midnight Soul編7】

ホークとケンスキーの出逢いwithマサ斎藤――フミ斎藤のプロレス読本#012

“Midnight Soul”エピソード7は、ホーク・ウォリアー&パワー・ウォリアー(佐々木健介)のヘルレイザース誕生秘話(イラストレーション:坂井永年)

 1992年

 ロード・ウォリアーズが初めて日本に来たころ、まだ若手だった佐々木健介はジャパン・プロレスのジャージの上下を着てリングサイドをうろちょろしていた。健介からみればホークは雲の上の人だった。何年かあとに自分がその人とタッグチームを結成することになろうとは夢にも思わなかっただろう。

「ミネアポリスでケンスキーと会ったときね、ああ、これがオレの新しいパートナーになる男なんだなと思ってね、頭のてっぺんから足のさきまでよおく観察してやった。体つきをみたら、こいつはタフなやつなんだろうなって、すぐにわかったよ」

 ホークと健介は、新しいタッグチームとして新日本プロレスのリングでデビュー戦をおこなうまえに、アメリカで大がかりなデモンストレーションをやった。

 ミネアポリスのスポーツ・バー“ローパーズ・クラブ”で毎月第3月曜の夜に開催される“酒場プロレス”の舞台を借りて、初めてタッグを組んだふたりが地元の無名レスラーたちを相手にストリートファイトのような試合をしてみせた。

 テレビ朝日がこれをビデオに収録し、翌週の『ワールドプロレスリング』でその一部始終をオンエアした。

 “酒場プロレス”のアンダーグラウンドな雰囲気がロード・ウォリアーズのイメージにぴったりだったし、ホークのようなビッグネームがいきなり来てくれたり、日本のテレビ局のカメラが入ったりで“ローパーズ・クラブ”のほうでも大喜びだった。

 ホークと健介にコンビを組ませるアイディアから“酒場プロレス”での衝撃のデビュー、それを映像に収めるためのロケーションの段どりまで、すべての仕掛けはマサ斎藤のプロデュースによるものだった。

「オレからマサに連絡をとったんだ。もうアメリカでは試合はやらないから、ニュージャパン・プロレスリングはオレを必要としてますか、ってね。そうしたら、マサが『いい考えがあるからまかせとけ』って」

 ぼくは黙ってホークのはなしに耳を傾けた。

「ケンスキーとはこれからずっといっしょにやっていくよ。あんまりことばは通じねえけど、試合になればコミュニケーションは問題ない。ナイス・ガイだ。オレは彼がビッグになっていくところを見届けたいんだよ」

次のページ 
「アニマルはこれからどうするつもりなの?」

1
2

⇒連載第1話はコチラ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。





おすすめ記事