仕事

ホームレスでもスマホさえあれば生活できる――。東京で“貧困ライフ”を謳歌する若者

 配信によってさらなる窮地に立たされた浅川さんだが、彼を救ったのもまた、ライブ配信だった。 「『ホームレス配信』ってタイトルを付けて、公園で野宿しながら雑談していたら、同情してくれるリスナーさんも多くて、結構な額のカンパや援助が集まったんです。先月は最高で10万円稼ぎました。半分はアプリの運営に持っていかれるんですが、それでも5万円は手元に入るし、中にはツイッター経由でアマゾンギフトカードをくれる“神”もいる。ときどき『カネが欲しけりゃ土下座しろ』とか言ってくるリスナーもいますが、土下座くらいいくらでもやりますよ。前の仕事に比べれば軽いもんだし」  現在は、配信の常連リスナー男の家に、家賃・光熱費タダで泊めてもらっているそうだ。 「今の状況は一切親には話していません。リアルな友達にも恥ずかしくて話せない。恥をさらすのはネットだけでいいんです。仕事や家がなくても、スマホがあれば生活できてるし。なんだかんだ言っても東京には助けてくれる人がいる。たまに『俺、クズだな』って病むこともありますけどね」  葛藤を抱えながら、彼は今日もスマホに笑顔を向けている。

生命線であるスマホは主に漫画喫茶で充電。交通費がないので近くにある公園で配信し、眠くなったらベンチで寝る生活を続けていた

※週刊SPA!11月14発売号[東京 貧困ライフ]に密着!より
1
2
週刊SPA!11/21号(11/14発売)

表紙の人/ 中条あやみ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
おすすめ記事