雑学

多摩川ホームレスの優雅すぎる「リア充生活」に密着! 電子レンジや液晶テレビまで…

 ’16年1月に実地された厚生労働省発表の「ホームレスの実態に関する全国調査」によると、全国のホームレスの数は6235人と報告されている。ホームレスといえば、一文無しで路上をさまよう悲惨な姿をイメージしがちだが、東京・多摩川では真逆の優雅な生活を送っている「リア充ホームレス」が存在するという。

寝室と書斎、広大な庭を持つホームレスの草野茂さん


 頬を切るような冷たい風が吹く年の瀬の多摩川某所。多くのホームレスが根城にするこの極寒の多摩川沿いで、彼らはどのように年を越すのか。

 まず記者が接触したのは、川沿いの竹藪の中に寝室と書斎、そして広大な庭を持つホームレスの草野茂さん(仮名・70代)だった。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1262466

冷蔵庫を確認する多摩川ホームレスの草野さん

「自転車や電化製品の修理、拾ったゴミから銅線を抜いて売って月10万円程度の収入になる」と語る草野さんの家は発電機をはじめ、電子レンジや19インチの液晶テレビ付き。蛍光灯で照らされた室内は灯油ストーブが燃え続け、もはやホームレス的な雰囲気は皆無。

 玄関の外に置かれた冷蔵庫にも電気が通っていて、中には青菜のおひたしや漬物など副菜がズラリ。賞味期限切れの食べ物は一切ない。その中にちょっとお高めな刺し身を発見したので「たまの贅沢に、刺し身で一杯やるのか」と聞くと「刺し身なんか贅沢でもなんでもねえだろ(笑)」と一笑に付されてしまった……。

次のページ 
多摩川ホームレスに隠された壮絶な過去が

1
2
週刊SPA!1/3号(12/27発売)

表紙の人/ KinKi Kids

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ホームレス・スーパースター列伝

114人のホームレススター名鑑!徹底的にホームレス三昧の一冊!




おすすめ記事