R-30

「オラオラ顔の軽自動車はマイルドヤンキー御用達」は都会人の妄想だった

軽自動車に乗ってる人の3人に2人が女性だった!


クロスビー

こちらのハスラーのようなクルマですが、クロスビーというスズキの新型

 まずもって、軽自動車に乗るのは3人に2人が女性(うち8割が既婚)。なのに総じてオラオラ顔のほうが売れ行きがイイ! この時点で計算が合いません。

 実はオラオラ軽を積極的に選んでいるのは、女性ドライバーらしいです。なぜなら、そのほうがナメられないから。ゆるふわ軽に乗っていると割り込みをかまされやすいけど、オラオラ軽のほうは周囲が優しくしてくれる。山の手の奥様が、「一度ベンツに乗っちゃうと、もうベンツ以外乗れないわ~」とおっしゃるのと同じ図式のようです。

 つまり女性は、自分に合う服を選ぶ感覚ではなく、男を選ぶ感覚でクルマを選んでおり、それはやっぱ強そうなほうがイイ、ということなのですね!

 さらにスズキ関係者によれば、オラオラ軽を選ぶ方は、どちらかというとご高齢だそうです。

 つまり、オラオラ顔のスペーシアカスタムの最大の顧客は、ズバリ、お婆さん!? マイルドヤンキーが乗るのだとばかり思っていたら、実は地方のお婆さんだったとしたら、都会人には衝撃の事実です。

 というわけで、地方のお婆さん狙い(?)のスペーシアカスタムですが、そのために“軽最強のオラオラ顔”を目指したそうです。

 この顔は、いわゆるアルファード/ヴェルファイア系そのもの。フロント部は総とっかえし、メッキも多用。内装もオラオラで充実しているため、お値段も素のスペーシアに対して25万円近くお高くなっておりまして、一番お高い「ハイブリッドXSターボ4WD」は、なんと190万円超え。これにナビなどオプションをフル装備すると、ヘタすりゃ230万円。オレのBMW(中古)より高いやんけ。

 しかし、それでもハイトワゴン軽は大変人気がある。その筆頭はホンダのN-BOXで、昨年は販売台数日本一に輝きました。9月のモデルチェンジ後も快進撃を続け、現在ブッチギリのトップ独走中です。そちらもハイトワゴン軽の文法通り、素のヤツとオラオラ顔(N-BOXカスタム)の2本立てで、オラオラが販売の約6割を占めています。

 で、この新型スペーシアは、軽の王者たるスズキがN-BOXを破るべく開発したエースなのですが、勝てるのでしょうか。

次のページ 
縦揺れにかなりの差が…

1
2
3




おすすめ記事