R-30

「オラオラ顔の軽自動車はマイルドヤンキー御用達」は都会人の妄想だった

スズキ・スペーシア『人は見た目が9割』という本がありましたが、見た目が大事なのはクルマも一緒。価格や性能に大差ないなら、クルマも見た目で選ばれるのです。で、この見た目ですが、イバリがきくオラオラ顔のクルマを選ぶのは「この世のどこかにいるマイルドヤンキーだ!」というのは、都会人の妄想。大いなる勘違いだったようです……

永福ランプ(MJブロンディ)=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

オラオラ顔=マイルドヤンキー御用達は嘘。軽最強のオラオラ顔に乗るのはお婆ちゃん!?


 あなたには、マイルドヤンキーの知り合いがいますか? 私にはいません。よって想像上の動物に近いのですが、マイルドヤンキーさんは、オラオラ顔のミニバンに乗っているらしいです。

 今回取り上げるスズキ・スペーシアは軽自動車なので、いわゆるミニバン(一般的に3列シートの箱型車を指す)ではないですが、カタチはミニバンそのもの。軽自動車だけど、後席足元はロールスロイス・ファントム並みに広いし、イバリの強いオラオラ顔も用意されています。

どちらもスペーシア

取材の際スズキの方に「鈴木修会長の社用車は何ですか?」と聞いたところ「ソリオです!」との回答が。社用車は会長御自らが選ばれるとか。鈴木会長のプチ情報でした!

 この2タイプは、どちらもスペーシアなのですが、まったく別のクルマに見えますよね?

 素のスペーシアは、かなりのゆるふわ系。こちらには、ファンシーグッズが好きな地方の若い女子が乗りそうです。

 カスタムのほうは、ガテンなマイルドヤンキーが、仲間とイオンモールに出撃する。それが最も順当で平和な姿に思えます。

新型スペーシアカスタム

新型スペーシアカスタムは151万7400円~。担当Kはスペーシアと聞くと、今でもかつてCMに出ていた堀北真希を思い出します

 ところがこの図式は、都会人の妄想に過ぎないらしいのです!

次のページ 
そもそも軽自動車にマイルドヤンキーは…

1
2
3




おすすめ記事