雑学

慶応卒、40代独身男の転職貧乏人生「最初の会社の同期は年収1000万円…後悔しかない」

有効求人倍率が44年ぶりの高水準と話題だ。こんな景気のいいニュースを聞いて「今が転職のチャンスかも!」と思った人は少なくないだろう。しかし、厚労省の統計によると転職者の約3分の1は年収が下がっている。つまり、決して手放しで喜べる状況ではないのだ。では、希望に溢れた転職者を“転職貧乏”に追い込む要因は一体何なのか。あるケースを紹介しよう。

[転職貧乏]にハマる人の共通点

転職で年収倍増の成功体験から今も抜け出せず

…津田高大さん(仮名・40歳・独身)/年収750万円→年収680万円

<津田さんの経歴>
22歳 慶應義塾大学卒業、大手化学系商社に入社
26歳 転職を決意するも上司に慰留されて断念。以降断続的に転職活動を行う
30歳 大手医療系メーカーに転職
33歳 連日の飲み会で体調不良に
35歳 大手機械系商社に転職

=======

「20代の自分に会えるなら、『転職なんてやめとけ』と言ってやりたいですね」

 2度の転職を経て、現在は機械系商社で経理マンとして働く津田さんはこうボヤく。その理由は「転職グセがつくから」だとか。

「最初の転職がちょうどリーマンショックの頃で、2度目が震災直後と求人が少ない時代でした。それでも好条件で転職できたわけで、『次はもっといい会社に巡り合えるのでは』と思ってしまったんですよ」

 実際、津田さんは最初の転職で年収を倍近くに増やしている。

「新卒で入った大手の商社はどれだけ頑張っても給料がほとんど上がらない。正当な評価をされていないと感じて辞めました」

次のページ 
400万の年収が700万に

1
2





おすすめ記事