雑学

40代の転職で年収520万円⇒240万円に…敗因はどこにあった?

有効求人倍率が44年ぶりの高水準と話題だ。こんな景気のいいニュースを聞いて「今が転職のチャンスかも!」と思った人は少なくないだろう。しかし、厚労省の統計によると転職者の約3分の1は年収が下がっている。つまり、決して手放しで喜べる状況ではないのだ。では、希望に溢れた転職者を“転職貧乏”に追い込む要因は一体何なのか。あるケースを紹介しよう。

[転職貧乏]にハマる人の共通点

大規模リストラで“やむを得ず”転職したものの……

…柴田元彦さん(仮名・47歳・既婚)年収520万円→年収240万円

<柴田さんの経歴>
24歳 地方中堅私立大学卒業。中堅通信機器メーカーに就職
45歳 体調不良で1か月休職
46歳 早期退職制度で退社。中堅通信機器メーカーに転職

=======

 22年間勤めた中堅通信機器メーカーから同業他社へ転職し、年収が半分以下になった柴田さん。転職の5年ほど前から、当時の会社に危機感はあったそう。

「ある時期から大々的なリストラの噂も広まっていましたが、当時の私は体調不良での休職から復帰直後。強気に動く気力もなく、『この会社に残れればそれが一番いいか』と、何も動くことができなかったんです」

 そんな折、社員の3分の1を対象にした早期退職募集が敢行されることに。「40代の私は名指しで『出ていけ』と言われているような状態」で、やむなく退職。

「『引き継ぎや取引先への挨拶はしっかりしたい』とカッコつけてしまい、在職中に転職活動を一切しなかったのも反省点です。『転職先へのコンタクト等もサポートする』と聞いていて楽観視していたのですが、希望した同業他社で面接まで進んだのは20社中2社のみ。『早ければ1年半で正社員になれますよ』という言葉を信じ、契約社員での採用の会社を選ばざるを得ませんでした」

次のページ 
1年半が経過しても正社員になれる気配はなし

1
2





おすすめ記事