ライフ

若年性認知症になった人々の共通点――毎日同じような仕事の人は要注意

飲酒 そして、「やはり」という結果になったのが、飲酒だ。「毎日のように晩酌する」「体調が悪いときでも飲む」「休日には朝や昼から飲む」という人は要注意だ。  こうした生活習慣を続けると、病状は悪化の一途をたどる。「脳の認知機能が衰えていくと、自発性が失われていき、うつ状態のようになったり、寝たきりになり衰弱していきます」(同)  認知症は明確な原因がわかっているものばかりではなく、治癒しないものも多い。だからこそ発症者に見られた共通点に気をつけ、発症予防と進行抑制に力を入れることが重要だ。 《認知症発症者に多い生活習慣》 ・仕事にストレスを感じていた  74.5% ・毎日同じような仕事だった   73.4% ・運動不足だった        72.9% ・味の濃い料理が好きだった   72.3% ・仕事への責任感が強かった、頑張り屋だった 72.3% ・一人でいる時間が多かった   70.2% ・野菜をあまり食べていなかった 68.7% ・世の中の出来事・流行に無関心だった 62.8% ・夜更かしして、カップ麺などの夜食を食べることが多かった 62.8% ・ジュース、アイスなどの甘い物が好きだった 62.2% ・好き嫌いが多かった      61.2% ・毎日のように晩酌していた   60.6% ・朝食は取らないことが多かった 60.6% ・食べるのが早い        60.6% ・みんなに意見を合わせるタイプだった 57.4% ・仕事が早めに終わったら、早く帰ってくることが多かった 55.9% ・体調が悪いときでも飲んでいた 47.9% ・休日には朝や昼から飲むことが多かった 43.6% 撮影/佃 大平 アンケート/エコンテ ― 30代から始まる[若年性痴呆症になる人]のヤバい兆候 ―
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠