雑学

人生リザーブ役で十分…50代が「かろやかに生きる」5つの提言

木村和久の「オヤ充のススメ」その200 ―

 この話を書く、きっかけになったのは平昌オリンピックの女子カーリングで、リザーブ(控え)に回った本橋麻里選手が世話役を引き受け、プロデューサーからおやつ係までをこなし、見事銅メダルの栄冠に輝いたことです。

 人生、縁の下の力持ちになったからこそ、以前より輝けることがあるんですね。

 例えば、今なら中日の松坂大輔投手の動向ですか。格安の年棒ながら、つつましくチームに溶け込み、本人もニコニコ顔。だからチームメイトからファンまで、みんなが応援しているのです。松坂投手は「もののふ」、すなわち武士ですから、自分が納得できる引退のタイミングを狙っているのでしょう。真田幸村のように「狙うは納得のいく投球、ただひとつ」って感じですか。現役人生の有終の美を見せてほしいものですね。

50代が「かろやかに生きる」5つの提言 俗にいうオヤジの皆さんも、そろそろ人生の第三コーナーに突入し、自分を見つめ直す時期に差しかかっているでしょう。一般的な言われ方だと40代半ばが「団塊ジュニア世代」で、40代後半から50代前半が「バブル世代」と言われ、それをひっくるめてオヤジと呼ばれています。

 長い人生、突如「控えに回れ」と言われることもあります。3月9日に発売された、私が上梓した『50歳からのかろやか人生』(雷鳥社刊)では、オヤジ直球世代のかろやかな振る舞いについて、検証しています。ここでも、オヤジ世代はどうモチベーションを維持し、かろやかに生きていくか考えていきたいと思います。

かろやか理論1 ~プライベートはリザーブ役に徹する~


 オジサンがモテるって、最近書かれていますよね。そうなんです。例えば、飲み会をして男性陣が若者3人にオジサン1人になってみなさい。若者3人はどんぐりの背比べで、逆に潰し合うこととなります。そのとき、寡黙で多くを語らないリザーブのポジションが美味しいのです。オヤジは暗がりで黙っていれば、みんな西島秀俊に見えます。明るいところではっちゃけて喋れば、オヤジは「雨上がり決死隊」の蛍原徹になるって、なんでやねん。

バー 最初から諦めの境地で、欲をひたすら隠す「無」の境地になって、初めて道が開けると思います。「さっきから、あまり喋らないようですけど、気分でも悪いのですか?」なんて、女性に言われて見なさい。「いや、みんなが元気で溶け込めなくて」と答えれば、オヤジの渋みが相手に伝わるというものです。

 たまにマジで「無」のまま飲み会が終わることもありますが、それはあしからず。

かろやか理論2 ~コスパのいい消費を心がける~


 例えば、イタリアンだって有名どこのレストランの何軒かに行っていますよね。そういうところで、パスタを食べてからのどんでん返しで「サイゼリア」です。サイゼリアのパスタは美味しいです。2000円のパスタに比べれば、400円程度ですから、5分の1の価格で済みます。じゃ2000円のパスタはサイゼリアのパスタの5倍美味しいか? 答えは微妙ですよね。

 日頃はサイゼリアで十分。そして、ハレの日や女性と食事になんてときにサイゼリアより、ちょっと美味しいイタリアンでパスタを食べればいいのです。

 あと出汁ブームが来てますよね。これは「ダシ」です。「デジル」と呼ばないでください。「茅乃舎」の出汁は絶品で、これを加えると味噌汁が超美味しくなります。4人家族なら、ひと月2000円程度の出費で、毎日飲めるなら安い買い物です。

 このように、コスパが極めて良い商品を知っているのが強みです。ファッションや外食、レジャーなどお金をかけるときは最小の投資で、最高の効果をもたらせます。さすが、熟知してますね。

次のページ 
仕事はバイプレーヤーとして

1
2
50歳からのかろやか人生

体は枯れても頭の中は未だ現役気分、コラムニスト木村和久が贈る そんなバブル世代(50~60歳)へ向けた老後生活の道しるべ

ハッシュタグ




おすすめ記事