スポーツ

カート・ヘニング “ミスター・パーフェクト”という生き方――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第70話>

カート・ヘニング “ミスター・パーフェクト”という生き方<第70話>

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第70話は「カート・ヘニング “ミスター・パーフェクト”という生き方」の巻(Illustration By Toshiki Urushidate)

 “ミスター・パーフェクト”は単なるニックネームでもリング上のキャラクターでもなく、カート・ヘニングそのものだった。

 完ぺきなプロレスラー。完ぺきな夫。完ぺきな父親。完ぺきな息子。完ぺきな友だち。ヘニングは、パーフェクトとはいったいどういうことなのかをいつも考えていた。

 名レスラー、ラリー“ジ・アックス”ヘニングを父に持つヘニングは、少年時代から“有名人の子”であることを自分の宿命、あるいは役柄ととらえていた。

 父親は長男ランディをプロレスラーにしようとしたが、兄がプロレスに興味を示さなかったため、次男のヘニングがその役を買って出た。

 ハイスクールを卒業後、ヘニングは2年間だけ地元のジュニア・カレッジに通い、まだどことなく頼りない体つきのまま21歳でプロレスラーになった。

 地元ミネソタのAWAは、かつて父親が一世を風びしたオールドファッションなローカル団体。ルーキー時代はまだ現役だった父親とタッグを組むことが多かった。

 ヘニングが“完ぺきなアスリート”に変身したのは1988年7月、WWEと契約したときだった。

 WWEはヘニングの売り出し作戦として“ミスター・パーフェクト”がゴルフでホール・イン・ワンを打ち込むシーン、野球で場外ホームランをかっ飛ばすシーン、ボウリングでストライクを連発するシーン、ダーツ競技でどまんなかのブルズ・アイにダーツを命中させるシーンなどをプロモーション映像にまとめて毎週、TVショーでオンエアした。

 ビデオの最後のシーンでは“ミスター・パーフェクト”がカメラに向かってニヤッと笑い「アイ・アム・パーフェクトI am perfect」とつぶやいた。

 “マンデーナイト・ロウ”も“スマックダウン”もまだ存在しなかった時代の名作ビデオだった。

 “完ぺきなアスリート”ヘニングは、レスラー仲間もうらやむバンプ=受け身の名人として知られていた。

次のページ 
完ぺき主義者と完ぺき主義者の完ぺきな試合

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」





おすすめ記事