ニュース

パレスチナの虐殺 カメラを構えた正面にイスラエル軍の銃口が…

米国大使館のエルサレム移転で、イスラエルに対するパレスチナの抗議デモが激化。銃弾が激しく飛び交う中、SPA!記者が決死のリポート!

タイヤを燃やすデモの参加者

タイヤを燃やすデモの参加者。煙でイスラエル軍の狙撃兵の視界を妨げるため。次から次にタイヤが運ばれてきて、炎の中に投げ入れられる

記者の目の前で次々と銃弾に倒れた


 イスラエル軍兵士の構えたライフルが火を噴き、「ターン、ターン」と、あたりに銃声が鳴り響く。それにひるまず投石を続ける人々。「シュルル……」と上空からいくつもの催涙ガス弾が降りそそぐ。

 SPA!記者もあわてて風上に逃げる。催涙ガスをまともに吸えば窒息死の危険もある。パレスチナ自治区ガザで行われた、イスラエルの占領・封鎖に抗議するデモは、まさに「戦場」だった。

 記者の目の前で、抗議中のパレスチナ人男性が撃たれた。イスラエル軍の狙撃兵は、遠くから警告も何もなく突然発砲してくる。誰が撃たれるかもわからない。

 イスラエル軍に撃たれた、あるパレスチナ人男性の傷は深く、虫の息となっていた。親族がけがの状態を小誌記者に見せるために毛布を取った際、身内の女性が目を背け、涙を流した。

次のページ 
とても対等の状況ではない

1
2




おすすめ記事