スポーツ

ドラフト下位でも活躍しているプロ野球選手。イチロー、青木も4位だった

 10月25日、2018年 プロ野球ドラフト会議が行われた。今年は高校生選手が逸材の宝庫であり、春夏2連覇を果たした大阪桐蔭高校の主力、根尾昂(ねおあきら)内野手に藤原恭大外野手、甲子園で金足旋風を巻き起こした吉田輝星投手など、注目選手が数多くいるドラフト会議となった。結果、1巡目で根尾が4球団から指名され中日ドラゴンズが、藤原は3球団からの指名で千葉ロッテマリーンズに、報徳学園 小園海斗内野手は4球団の競合の末、広島東洋カープが交渉権を獲得した。注目された吉田は日本ハムファイターズが外れ1位にて交渉権を獲得。日本ハムの単独指名ということでも話題となった。

ドラフト

画像:2018年 プロ野球ドラフト会議

 ドラフトはどうしても上位指名選手に注目が集まりがちだが、プロ入り後の活躍と指名順位は必ずしも比例しない。そこで、2010年以降のドラフトで、上位指名されなかったにもかかわらず、現在プロとして活躍を続ける選手を紹介する。

ドラフト2010 主な目玉選手(斎藤佑樹・大石達也)


・育成枠4位 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)

千賀滉大

画像:福岡ソフトバンクホークス 選手名鑑

 福岡ソフトバンクホークスのエースとして活躍する千賀滉大は、なんと育成枠から這い上がった選手である。育成枠とはNPBの『育成選手制度』というものであり、指名された選手は、支配下登録を目指して奮闘する。背番号は3桁で、ここから1軍選手になるのは容易なことではない。だが千賀は、2016年シーズンから二桁勝利を挙げ、2017年に最高勝率のタイトルも獲得した。まさに育成枠の星である。将来はメジャーに行けるほどのポテンシャルを持っていると思うので、今後の活躍にさらなる期待がかかる。

・育成枠6位 甲斐拓也(福岡ソフトバンクホークス)

甲斐拓也

画像:福岡ソフトバンクホークス 選手名鑑

 こちらも育成枠出身、先ほどの千賀滉大よりも低い、育成枠6位で入団したのが甲斐拓也だ。2017年に持ち味の強肩を活かし捕手としてレギュラーの座を勝ち取ると、計103試合に出場。同年、ゴールデングラブ賞、ベストナインに選出された。近年、かつての古田敦也や城島健司など、日本を代表するような捕手があまり表れていないように感じるが、甲斐は前出した選手のように活躍できる潜在能力を秘めていると思う。

・6位 中崎翔太(広島東洋カープ)

中崎翔太

画像:広島東洋カープ 選手プロフィール

 広島東洋カープの若き守護神としてセーブを量産する中崎翔太が、ドラフト6巡目というのはいささか驚いた。2015年シーズンに29セーブを挙げたことで、不動の守護神となった中崎。ドラフト下位指名ながら、2018年の年俸は1億円越え。夢のある話である。

・3位 秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ )

秋山翔吾

画像:埼玉西武ライオンズ 選手名鑑

 埼玉西武ライオンズの安打製造機、秋山翔吾はドラフト3巡目での入団だ。過去3度の最多安打を獲得し、2017年には首位打者。2015年にはそれまでイチローが持っていた安打記録を塗り替えている。秋山は大学時代から活躍していた選手であるが、この年のドラフトは、かつて甲子園を沸かせた斎藤佑樹(30)一色であった。後にイチロー越えを果たした選手が埋もれていたという事実は面白い。

ドラフト2011 主な注目選手(菅野智之・高橋周平)


・4位 近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)

近藤健介

画像:北海道日本ハムファイターズ 選手名鑑

 2017年シーズン、打率.413という驚異的な記録を打ち立て、ヒットを量産する近藤健介。ちなみに魅力は打率だけではない。本来は捕手として入団した選手だが、レフトやライト、指名打者などマルチにこなせるところもすごい。未だ獲得に至っていない首位打者というタイトルをもぎ取る日はそう遠くないだろう。

・6位 上沢直之(北海道日本ハムファイターズ)

上沢直之

画像:北海道日本ハムファイターズ 選手名鑑

 150キロを超えるストレートを投げ、今シーズンに11勝を記録した日本ハムファイターズの上沢直之も、ドラフト6巡目での入団である。2015年の怪我が影響してか、一時は調子を落としたが現在は復調の兆しを見せており、今後エースとしての活躍を期待したい選手である。

ドラフト2012 主な注目選手(藤浪晋太郎・東浜巨)


・6位 宮崎敏郎(横浜DeNAベイスターズ)

宮﨑敏郎

画像:横浜DeNAベイスターズ 選手名鑑

 2017年に首位打者に輝いた宮崎敏郎。ドラフト6巡目というなかなかの下位指名にもかかわらず、今では横浜DeNAベイスターズ不動のレギュラーとして活躍をみせている。2017年に掲載された「Sports Graphic Number Web」によると、過去、社会人野球に10社以上落ちていたとのこと。それでもなんとかプロに入り、結果を出す姿は「下剋上」という言葉がピッタリではないだろうか。(出典:華がなく、社会人は10社以上落ち。DeNA・宮崎敏郎が超無名だった頃

次のページ 
ロッテの4番はドラフト5位!?

1
2





おすすめ記事