雑学

日本の常識は海外の非常識? 海外で通用しないお酒の飲み方

― 30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン第21回 ―

 コンビニでお酒を買って外で座って飲んでいる人をよく見かけます。なんなら夕方の山手線でプシュッとビールを開けている人もいます。花見ではどんちゃん騒ぎをするし、歩きながらお酒を飲んでも大丈夫なうえ、それがウィスキーの瓶でも捕まりません。コンビニでは24時間365日お酒が買えます。こんな国は、世界中探しても日本だけです。日本はお酒天国なのです。

日本はいつでもお酒が買えて、飲めるお酒天国です

 しかし、その感覚を海外に持ち出すとトラブルになります。軽蔑されるだけならまだしも、逮捕されたり刑務所に入れられることもあるのです。今回は、海外のお酒に関するマナーと法律をご紹介します。

ビールを注ぐのは相手のグラスが空になってから


 日本では、飲み会で女性や若者が率先してお酌をする傾向にあります。しかし、海外では女性が身内以外にお酌をすることはほとんどありません。レディファーストの精神で基本は男性がサーブします。さらに、そもそもレストランでは自分たちで注がないのが普通です。ウェイター・ウェイトレスに注いでもらいましょう。

 注ぐ際も注意が必要です。日本ではビールを飲んでいるときに、飲み干す前に継ぎ足します。これは、美味しく味わうのにはNGな方法で、基本は飲み干してから注いだほうがよいでしょう。とはいえ、日本ではまだグラスが空になったら気が利かない、と思う人もいるので、接待の場合は郷に従うのもありです。しかし、当然、海外では通用しません。基本的に、グラスが空になってから注ぎます。

 また、注いでもらうとき、日本人はグラスを持ち上げ片手を底に添えることが多いでしょう。しかし、海外でワインを注いでもらうときは、グラスを持ち上げてはいけません。

ワインを注いでもらうときは、グラスをテーブルに置いたままにします

公園や路上の飲酒はもちろん車内にお酒を持ち込むのもNG!


 アメリカをはじめ、屋外での飲酒ができない国はたくさんあります。映画で酒瓶を紙袋に入れて飲んでいるシーンを見たことはないでしょうか。あれはお酒を飲んでいることを隠すためのものなのです。海外のスーパーマーケットなどでビールを買って、のどが渇いていても路上で飲んだりしてはいけません。

 そのため、自宅の庭でバーベキューをするのはもちろんOKですが、公園などに勝手に集まって飲み会をするのはNGです。下手をすると警察を呼ばれてしまいます。海外の方は、日本の花見文化を見て驚くようです。

 飲酒運転は基本的にNGですが、海外は飲んでさえなければいいというわけではありません。例えば、アメリカでは同乗者が飲むのもアウトという州があります。開封したお酒を車内に持ち込むのもNGです。飲みかけのワインが助手席にあったり、空になったビールの缶があっても違法とみなされる可能性があるのです。飲酒運転で捕まった場合の刑罰も、日本より厳しいので絶対に怪しい行動をしないようにしましょう。

花見の時期などは堂々と屋外で飲酒できるので、外国人が驚きます

次のページ 
19歳の日本人でも飲酒OKな国も

1
2





おすすめ記事