雑学

一風堂・とんこつラーメン+ハゲ天・天ぷら。超絶カロリーのコラボ店で食べてみた

「合わせ技」という言葉がある。これは主に柔道や空手で用いられるものだが、食にも応用できる。

「天ぷら」と「ラーメン」。北海道の一部では「天ぷらラーメン」と呼ばれるソウルフードが親しまれているようだが、この2つを合わせた料理はまだまだ一般的ではないだろう。そんな合わせ技メニューを、東京・銀座で食べられると聞いた筆者。さっそく食べに行ってみた。

ハゲ天と一風堂のコラボ


ハゲ天×一風堂 銀座5丁目に店を構える「天丼・らぁ麺 ハゲ天」。天ぷら専門店「銀座ハゲ天」と、大人気豚骨ラーメン店「一風堂」などを展開する「力の源グループ」との共同開発により誕生したお店だ。この店舗で、「天ぷら」と「ラーメン」の組み合わせが楽しめるらしい。

ハゲ天×一風堂 銀座という立地もあってか、高級感漂う外観。店内もカウンター席のみの落ち着いた雰囲気で、回らない高級寿司屋に来たような感覚。

 昼時の店内は満席で、どうやら人気店のようだ。10分ほど待って席に通された。

チャーシュー、海苔、紅ショウガの天ぷらと、豚骨ラーメン


胡麻豚骨らぁ麺 注文したのは「胡麻豚骨らぁ麺」。別皿で、チャーシュー天が2枚、海苔天が1枚、紅ショウガ天が1枚付いていて、値段は980円。

 クリーミーな豚骨スープと極細麺は博多豚骨ラーメンを思わせるが、かなりあっさりとした味わいで、ラーメン単体だと正直少々物足りない。だが、別添えの天ぷらをスープに投入すると、だいぶ食べ応えが増す。

胡麻豚骨らぁ麺 ラーメンの具の中ではもっともボリュームのあるチャーシューが2枚も入っており、なおかつ揚げているのだから、なかなか腹にダメージが溜まりそうなもの。だが、あっさり豚骨スープと混ぜると、なぜかそこまで油っぽくなく味わえる。物足りないと思ったあのあっさり豚骨スープがいい仕事をしているのだろう。そもそも、天ぷらと一緒に食べられるラーメンという趣旨で作られているものなので、あくまで2つ一緒に食べることが前提のようだ。

 海苔天はカリカリした食感で、単品でもうまい。酒のつまみに合いそうだ。紅ショウガ天はかなり味が濃く、豚骨ラーメンに入れると、クリーム色をしたスープが少し赤色に染まる。薄味ラーメンの味変用に抜群なトッピングだと感じたので、投入は終盤が良さそう。

 食べてみての感想だが、この組み合わせはバランスも良く新鮮で楽しめたし、味も良かった。だが個人的にはラーメンよりも天ぷらが好みだったので、今度は天丼単品を頂きたいと思ったのが素直な感想だ。

次のページ 
カジュアルな雰囲気がおすすめ

1
2





おすすめ記事