ライフ

さらば“懐かしき”あらかわ遊園! リニューアル前最後の営業日に涙

 そして次回リニューアル時には確実になくなってそうなモノを撮影してきた。 あらかわ遊園 まずはこの庶民的な食堂。今どきのアミューズメント・フードコートには、まずない【おでん 420円】。リニューアルしてスタバとか入ってたら、もうそんなのあらかわ遊園じゃない。 あらかわ遊園 そして食道わきにあった、100円セルフ式のわたあめ機。自分でわたあめを作るなんて、子どもにとってそれ自体が大きな遊び。今まで何万人の子どもを喜ばせたこれも、2021年にはたぶん、もうない。 あらかわ遊園 また、あらかわ遊園のすぐれている点は、乗り物など各種アトラクションの他に、こういったどうぶつ広場が併設されているところ。モルモットやひつじ、やぎは放牧されており、ふれあえることができる。またサルやシカもおり、えさやりも。彼らのなかの何匹が、2021年に戻ってこれるのか。 あらかわ遊園 名残り惜しいなか園内を散策していると、時間はすでに夕刻。あと30分、18時をもって閉園になってしまう。賑やかだった園内も段々と人影が少なくなり、灯ったライトが切なさを増していった。  ふと行きがけに寄った店のことを思い出す。園の外には、【だがし】【おもちゃ】【もんじゃ焼き】と書かれた商店が立ち並んでいる。もちろん、あらかわ遊園に来た親子を当てにしたお店だ。連れていった息子が「おやつがたべたい」と言うので、そのなかの1軒に寄った。お年をめした主人に「今日で終わっちゃうね。淋しいね」と言うと、「2年半でしょ? 2年半は長いよ。だからウチは今日で閉めるんだ」そう言って、主人は笑った。たかがリニューアル工事だが、いくつもの人生が急カーブを強いられ、その幕を閉じる者もいる。  時刻は18時。ついに閉園の時間だ。古びたアナウンスの「リニューアル後のまたのご来場をおまちしております」という声が、園内に響く。 あらかわ遊園 出口に向かうなか、後ろを振り返る。観覧車が幻想的な光を帯びていた。  もうこの観覧車を見ることはない。こうやって、今まで当たり前にあったものがどんどんとなくなっていく。思い出を奪われるようで悔しいが、仕方のないことだ。 「ねえ、ぱぱぁ、たのしかったねぇ。あしたもまたこようねぇ」  よほど楽しかったのだろう。息子の無邪気なこの言葉に誘われ、我慢していた涙がこぼれた。 <取材・文・撮影/村橋ゴロー>
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白