ライフ

としまえん閉園。デート、子守り、アルバイト…それぞれの想い

 西武グループが運営する「としまえん」が閉園することになった。跡地には新たに映画『ハリー・ポッター』のテーマパークが2023年春をめどにオープンすることになり、今年以降段階的に、プール・庭の湯・遊園地などが閉鎖予定である。
としまえん

としまえんのあじさい号(Photo by photolibrary)

 100周年を手前に発表されたとしまえんの閉園。練馬区民のみならず、東京都を代表するテーマパークだけにショックを受けた人も多いだろう。家族や恋人と、友達と。また、小さい頃の思い出として、このニュースを感慨深く捉えている人もいるはずだ。そこで、としまえんでのエピソードと閉園に対する気持ちを聞いた。

元スタッフが回顧する意外な仕事内容「ラブラブのカップルに…」

 練馬区にある氷川台からずーっと続く石神井川沿いの綺麗な桜並木。それを眺めながら自転車を漕いでいたらとしまえんに着いた……としまえんとの出会いをこう話すのは、吉田恵子さん(仮名・32歳)。彼女は学生時代、スタッフとして働いていた経験がある。 「その景色が忘れられず、としまえんで働きたいと思いました。決めたら行動に移すのに躊躇しない性格なので、としまえんの中にある『庭の湯』というリラクゼーション施設に応募。学生時代はそこでアルバイトをしていました」  庭の湯は、天然温泉をはじめ、サウナ、お食事処などが充実した施設だ。夏になるととしまえんのプール帰りに若者たちが庭の湯に流れてくることも多く、とにかく働くことが楽しかったという。 「私が特に印象に残っている仕事は、プールゾーンでラブラブしているカップルがいると、『過度な密着はご遠慮ください』と声をかけることでした(笑)」  デートスポットでも有名なとしまえん。アルバイトスタッフの意外な仕事内容に吉田さんは思い出し笑いする。  としまえんで働く人たちにとっても、閉園の衝撃は大きいはずだ。学生のアルバイトスタッフにとっては、青春の思い出エピソードとして心に刻まれているに違いない。

初めて付き合った彼氏との初デートがとしまえんだった

としまえん

夜のとしまえん(Photo by photolibrary)

 今から約30年前の高校2年生の春休み。初めて付き合った彼氏との初めてのデートがとしまえんだったと話してくれたのは、沢田はるかさん(仮名・40代)。  当時は、今のように携帯もスマホもない時代。としまえんの行き方をはじめ、下調べするところからデートはスタート。 「準備をするところからデートって感じでした。ホントに初々し過ぎて恥ずかしくなります。当日は、お互い最寄駅が違うから待ち合わせは電車の中でした」  しかし、そこで思いもよらない出来事が起きた。彼が電車に乗り遅れてしまい、行き違ってしまったのだ。もちろん、スマホなんてないから連絡も取れない状況に……。 「でも、その時代は、そういう時代なりに危機管理はできているわけです。次の駅で降りて、乗ってくる電車を待って、なんとか無事に合流しました。そして、いざとしまえんに。ジェットコースターに乗って叫んだり、グルグルまわる円盤のような乗り物に乗って彼のメガネが落ちるというアクシデントに見舞われたり、見知らぬ小学生と歩いていくお化け屋敷で脅かし合ったり。マジックハウスの鏡に激突もしました」  その後、2人は夜景を見ながら……という甘い展開にはならなかったというが、その時はただただ楽しくて、一緒にいる空間がキラキラしていたと話す沢田さん。そんな彼女は、今回のとしまえん閉園のニュースをどう感じているのだろうか。 「悲しいかどうかというと、正直特に何も感じていません。でも、今まで入ったどのお化け屋敷よりもとしまえんのライドタイプのお化け屋敷が1番怖くて楽しかった気がします。閉園しても、あの時の楽しかったこと、輝いていた時間は私の中でちゃんと残っていますから」  沢田さんにとっても、としまえんでデートをした経験のある人たちにとっても、永遠にまぶしい思い出として残り続けるはずだ。
次のページ
夏休みにプールで爆弾焼きを食べるのが好き
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事