雑学

無地ばっかりはもう古い。柄ものアウターの今っぽい選び方

 スティーブ・ジョブズの着こなしが再注目されたり、「無地やシンプルな着こなし」が評価されがちだったりしたここ数年ですが……その流れもようやく終わり、その反動から今年はチェックなどの柄モノが一大トレンドになっています。

 チェック柄といってもタンスに眠っているネルシャツのようにアメリカンな柄ではなく、どちらかというとブリティッシュなものが人気。ヘリンボーン、グレンチェックなど英国調の柄が好まれています。カジュアルだけでなくスーツの世界でも、現在は英国調クラシック回帰の傾向が強く、この流れはジャンルに関係なく今後、数年かけて波及していくことでしょう。今回はそんなチェック柄をどう活用すべきかをお教えします。

クラシカルな柄物はやや大きめを


最速でおしゃれ

Style 1
コート/GU
インナー/ユニクロ
パンツ/MB
シューズ/Re:

 まず、前述の通り、気をつけていただきたいのは「柄ならなんでもいいわけじゃない」ということ。英国調のクラシカルなチェック柄を選びましょう。同じチェックでもネルシャツのような赤黒の派手なものではなく、Style1のように落ち着いた色使いのものがオススメ。

 Style1は千鳥格子、よくマフラーやスーツなどでも活用される柄ですね。こうしたクラシカルな柄のコートをジャストサイズで着用すると、ビジネスシーンと間違われてしまうのでコツとしてはやや大きめのサイズを選ぶこと。クラシカルな柄とロングコートのドレスライクな印象が、シルエットでほどよく緩和されるのでオススメです。

 コーディネートは柄アイテムがある場合、ほかのアイテムはシンプルでOK。柄モノに抵抗感を覚える人も多いのですが、実は組み合わせはむしろとても簡単なのですよ。

色彩の強い柄物はシック系で調整


最速でおしゃれ

Style 2
ブルゾン/Re:
ニット/ユニクロ
パンツ/クラネ
シューズ/レインメーカー

 Style2は色みを使ったチェック柄。こうした色彩が入ったものなど、少しクセのある柄物の場合はとにかく全体のコーディネートをシックにまとめましょう。黒ニットに黒スラックス、ブーツと合わせてスーツライクに。こうすることでチェック柄の子供っぽさを十分抑えることができます。

ヘリンボーン柄にはデニムを追加


最速でおしゃれ

Style 3
キャップ/ラカル
ジャケット/アーバンリサーチ
ベスト/アーバンリサーチ
シャツ/ファンダメンタル
パンツ/クラネ
シューズ/チーニー

 Style3は難易度の高いヘリンボーン柄のジャケット。クラシックスタイルの代表アイテムですが、オジサンくさい印象になってしまうことも多い。そこで選ぶべきは「デニム」です。活動的で若い印象のある素材「デニム」をどこかに使ってあげると、老いた印象が一気に払拭できます。ぜひ試してみてください。

撮影/岡戸雅樹 衣装/すべて私物

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中!

●チェック柄の攻略法などは私のブログでも詳しく解説しています。興味があれば、ぜひ。
●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
MB_1
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事