エンタメ

実は親戚だった有名人たち…北川景子、錦織圭も驚きの名優と親戚

 情報番組『サタデープラス』(MBS・TBS系)に出演したお笑い芸人・ひょっこりはんが、とあるお笑い界の先輩と、実は親戚だったことをカミングアウトした。  その先輩とは、お笑いコンビ「ロザン」のツッコミ担当・宇治原史規。ひょっこりはんとは母親同士がいとこ、すなわちはとこの関係らしいが、少年時代はお互い顔を合わせる機会がなかったのだとか。同番組のゲストだった宇治原も、ひょっこりはんを“ただの吉本の後輩”呼ばわりしている。  しかし、同月21日放送のグルメ情報番組『水野真紀の魔法のレストラン』(MBS系)では二人でひょっこりはんのネタをコラボし、見事に息を合わせていた。さらにひょっこりはんは早稲田大学出身、宇治原は京都大学出身と、両者とも高学歴の持ち主。芸風は違えど、親戚だったと聞いて、少なからず納得できる部分もあるのではないだろうか。  そこで今回は、彼らのように、意外にも親戚だという有名人たちのペアを紹介していこう。

槇原敬之&ROLLY:音楽性は異なっていても仲良しだった二人

 まずピックアップするのはシンガーソングライターの槇原敬之&ミュージシャンのROLLYで、彼らはいとこ同士だ。音楽を仕事にしているという点では共通する二人だが、楽曲のジャンルといいビジュアルといい、似ても似つかないだろう。  ただ、ひょっこりはん&宇治原の例とは違い、彼らは幼い頃から親交がある。高校時代に槇原がNHK-FMの音楽番組『サウンドストリート』に投稿していたデモテープでは、6つ年上のROLLYがギターを弾いていたそうだ。  2014年1月、全編を槇原の楽曲で構成したミュージカル『愛の唄を歌おう』が公開された際にもROLLYは出演。「槇原家と寺西家(※ROLLYの本名は寺西一雄)の一族の歴史に永遠に刻まれる作品になる」と張り切り、“地獄隊長”という個性的な役を務めていた。

北川景子&高畑淳子:世代は離れていても美人のDNAは裏切らない?

 続いて取り上げるのは女優の北川景子&高畑淳子のペアで、彼女たちは遠い親戚にあたる。先述した槇原&ROLLYもそうだが、芸の才能というものは、一族のなかで受け継がれていきやすいのだろうか。  さて、二人の関係が明らかになったのは、2014年1月に放送された『ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)でのこと。高畑の美容法を北川にレクチャーするという場面があったのだが、その流れで高畑が、北川の母とはとこであることを告白したのだ。  スタジオは驚きに包まれたものの、当の北川はその事実を知っており、親戚からは「(高畑と)似てる」と言われているそう。確かに、両者の顔をよく見比べてみれば、目元や口元に近しい雰囲気が感じられるかもしれない。
高畑淳子

30歳以上離れている北川と高畑。北川が30年後どんな顔立ちになっているかを想像するなら、高畑が参考になる?(画像は高畑淳子公式ブログより)

次のページ 
錦織圭と親戚だった芸能人
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事