マネー

売るに売れない「塩漬けビットコイン」ではじめるバイナリーオプションとは?



仮想通貨BOの短期取引は考えるな!感じろ!


 ひと通り確認した後、さっそく「BTCJPY」(ビットコイン/円)のトレードを開始。トレード単位は0.1で、投資スタイルはトレンドフォロー。一度に持つオプションの数は最大3つまでと決め、取引時間3分の短期取引に挑戦してみた。

「暗号通貨」のBOは土日もできる! 記者の実践はプラス0.291BTC で終了。「外国為替」などのBO は実際の市場がクローズしている時間帯はトレードできないが、「暗号通貨」はいつでもBO のトレードができる

 ブレグジット報道に為替相場が一喜一憂するなか、欧州時間が終了し、NY市場だけになった深夜1時過ぎ、トレードを開始した。ビットコインの相場はそれほど乱高下せず、1分足や5分足のチャートで見ると、一定のレンジのなかで上げ下げを繰り返していた。その流れに逆らわず、チャートが上昇しているときは「上昇」、下落しているときは「下落」を予想し、0.1BTCずつトレードする。

 やってみてわかったのは、短期取引の場合、明らかに上昇や下落のトレンドがチャートからわかるときは、けっこう予想が当たるが、チャートが横ばいのときは上昇するか下落するかまったくわからないため、無理にトレードしないほうがいいこと。

 長期取引の場合はテクニカルも参考になるかもしれないが、短期の場合はチャートのリズムを読んでトレードする感じだ。取引時間も3分、5分、30分、1時間などを試してみたが、もっとも相性がよかったのは、記者の場合3分だった。

 結果17回トレードして、11勝6敗で1BTCを1.291BTCまで増やすことができた。1BTCが約40万円とすると、約52万円になった計算だ。口座は無料で開設できるので、気になる人は試してみるべし!

取材・文/仮想通貨BO取材班 イラスト/渡辺貴弘

1
2
3





おすすめ記事