恋愛・結婚

清楚系だった彼女を不良の先輩に取られて…ギャル男の失恋物語

 読者の皆さんは、愛するパートナーを寝取られた経験はあるだろうか? たとえ相手が誰であれ、気持ちの良いものでは決してない。中でも最悪な結末を迎えてしまったと語るのは、若かりし頃、当時付き合っていた彼女を寝取られてしまったという藤井正樹さん(仮名・34歳)だ。

ギャル男を変えた、清楚な女のコ

「あの最悪な『寝取られ事件』が起きたとき、僕は大学生でした。当時、いわゆるギャル男だった僕は毎週末になるとクラブや飲み会に行き、女のコに声をかけていました。その時、先輩に誘われて行った飲み会で美里というコに出会ったんです。美里は当時の学生にしては珍しい清楚系で、周りがギャルしかいなかった僕にとっては新鮮で、しかもモロ好み。すぐに連絡先を交換して、そこから1か月間の猛アタックのすえ、付き合うことになったのです」
清楚系

写真はイメージです(以下同じ)

 それまでは特定の彼女を作らずに自由に遊んでいたという藤井さんだが、美里さんと付き合ってからは人が変わったように真面目になったという。 「クラブや飲み会は一切行かなくなり、学校が休みの日は美里とのデートを優先しました。美里の誕生日にはアルバイトで貯めたお金でディズニーランドに一泊で連れて行ったし、欲しがっていたサマンサタバサのバッグも買ってあげました。  それまではパチンコばかりしてた僕が、美里とのデート代のためにアルバイトばかりするようになり、周りの友人からはビックリされましたね。友人から『このまま結婚するんじゃないの?』と言われて、僕も友人に美里のことを話すとき『うちの嫁が……』なんて冗談を言うほどでした(笑)。しかし、そんな幸せな時間は長く続かなかったんです……。  付き合って1年ほど経ったころ、いつも通りバイト終わりに美里に連絡をしたのですが、返事がなかったんです。いつもは家に帰っている時間なのに……。もう寝ているのかなと思い、僕も家路に着き寝ることに。翌朝、起きた後もまだ返事がなかったので、さすがに心配になりました。  結局、連絡が来たのは昼過ぎでしたが、どうも普段と様子が違う。次の日はデートだったのですが『体調が悪いから行けなくなっちゃった』というメールだけが来ていました」  それから数日間、美里さんから連絡はなかった。そして、藤井さんは衝撃の事実を知ることになる。
次のページ 
寝取られる&バカにされる
1
2





おすすめ記事