エンタメ

爆問・太田とのバトルが話題のぜんじろうって何者?「平成の明石家さんま」と呼ばれた時代も

 爆笑問題の太田光がお笑いタレントのぜんじろうと、どちらが先輩かを巡りバトルになっている。太田がぜんじろうを7日に放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」で呼び捨てにしたことに端を発しており、それについてぜんじろうが自身のTwitterで「日本の芸能界で後輩の太田くんにサンジャポで『ぜんじろう』呼ばわりされてちょっとだけイラっとする不思議」と記したことから大きな騒動になった。


 しかしながらTwitterなどの書き込みを見る限り、ぜんじろうというタレントを知らない人も少なくないようだ。「ぜんじろうって誰?」「ぜんじろうって誰?でんじろう先生の弟子?」など、今回の件で初めてその存在を認識したツイートも見受けられる。そこで、今回は「ぜんじろう」が一体どんなタレントなのかを改めて知ってもらうべく、彼の過去の軌跡や功績、現在の活躍についてを紹介したいと思う。

上岡龍太郎の弟子だった!


 ぜんじろうは高校を卒業後、大阪芸術大学に入学して一人暮らしを始めている。しかし、入学してわずか2日後には退学。親にそれを伝えなかったため、授業料と仕送りを含めてかなり裕福な生活を満喫していたようだ。

 そんな中、大阪の街中で上岡龍太郎と遭遇。浜村淳と勘違いした状態で握手をしてもらったという。その後、偶然にももう一度二人は出会い、ぜんじろうはウケ狙いの軽い気持ちで弟子入りを志願。上岡がそれを受け入れたために師弟関係となったらしい。非常に運命的であり、ドラマティックな彼の芸人人生のスタートである。

吉本天然素材のリーダーに!しかし…


 ぜんじろうは1988年にコンビを結成。数々の賞を受賞し将来を嘱望されていたが、相方が成功のプレッシャーに耐え切れず敢え無く解散してしまう。

 こうしてピン芸人になり、心斎橋筋2丁目劇場のステージに出演。しかし、時はダウンタウンの大ムーブメント真っ只中。彼らと絡みの少なかったこともあってか、ファンの女性たちからネタを見てもらえないなどすっかり冷遇されていた。

天然素材

吉本印天然素材DVD第一集

 その際に同じように不遇の存在だった若手芸人たちと「しねしね団」というユニットを結成。ぜんじろうは発案者としてリーダーの立ち位置にいた。これがナインティナインや雨上がり決死隊などを輩出した吉本印天然素材へと発展していくのだが、そのタイミングでぜんじろうはユニットから離脱。これは事務所が彼らをアイドル芸人としてダンスをメインとした活動にシフトしようとしたことに異議を唱えたためと言われている。

 その後、吉本天然素材は事務所の狙い通りにアイドル的人気を誇りスターダムにのし上がっていくのだが、ぜんじろうは彼らとはまったく違った道を歩んでいくことになる。

次のページ 
関西で人気を誇り、一気に全国区タレントに

1
2





おすすめ記事