恋愛・結婚

48歳中年童貞がハマった“ネットゲーム”での恋の結末

ルポ中年童貞」(幻冬舎新書)の著者・中村淳彦氏曰く、介護業界には中年童貞が多いのだそう。中村氏は08年~15年まで介護事業の経営者。現在はFacebookの介護グループの2つの管理人を務め、毎日起こるトラブルの解決に奔走している。
ルポ 中年童貞

ルポ 中年童貞(幻冬舎新書)

 同氏が提供してくれた事例をもとに介護業界における中年童貞の事例を再現する。

度を超した勘違いで女性にキモがられる

「中年童貞の中には、これまであまりにもモテなさ過ぎて、こじれにこじれまくっている男性も多いんです。恋愛で成功体験がないため、年齢がかさむと卑屈になったり、絶えず文句をいうようなキャラであったり…」(中村氏、以下同)  サトル(仮名・48歳)は90キロ以上の巨体でひげが濃く、清潔感がまったくないという。 「彼は中学の成績がオール2だったそうで、進学も就職も出来ず、親の会社に入社しました。製造業で工場のラインで仕事をしていましたが、34歳ぐらいで会社が倒産。それからこの業界に入って、未だに両親と同居しています。年収200万円ぐらいでした」
中年童貞

写真はイメージです(以下同じ)

 そんなサトルにはあるトラウマが。20歳の頃、同僚から紹介された女性と食事に行った帰り、その女性が運転する車で送ってもらったのだが、それを「付き合っている」と勘違いしてしまった。あろうことか彼はその後、勝手に結婚式場の下見に出かけ、そのパンフレットを彼女に渡してしまうのだ。当然、「キモい」と言われ、さらにビンタまで食らわせられた。 「勤務していた親の工場でそのことがあっという間に広がると、サトルには女性が寄り付かなくなったとか。30代の頃は近くのスナックで働くある女性にぞっこんになったそうで、女の子にせっせとプレゼントを渡していました。でも相手にされないどころか、いいカモだと思われたのか、ママから飲み代を倍近くにふんだくられていたと聞きましたね」  だが、夢中になっていた女性が彼氏と同棲していたことが発覚してしまう。 「その子が同棲していると分かると『不潔なやつ』と言ったらしいです。中年童貞の特徴は、処女信仰。サトルにもその傾向がありました」
次のページ 
オンラインゲームでイケメンを装うも…
1
2





おすすめ記事