エンタメ

元モー娘。市井紗耶香が参院選に。この20年何してたのか熱烈ファンが解説

 元モー娘。市井紗耶香が参院選(7月4日公示、同21日投開票)に比例代表候補として立憲民主党から出馬することが話題を集めている。既に6月29日には蓮舫副代表と共に、JR恵比寿駅前で初の街頭演説も行った。  市井紗耶香と言えば、モー娘。でトップクラスの人気を誇りながら、脱退後にバンド結成、結婚・離婚・再婚、そして出馬となかなか波乱万丈な人生を送っている。そしてこの出馬について、ファンはどう思っているのか? 今回、SPA!で執筆する“市井紗耶香ファン歴20年”のライター久保内信行氏から、現在の心境をつづった原稿が届いた。彼の気持ちを、そのまま掲載する!(以下、久保内氏の寄稿)

市井紗耶香出馬で、古参ファンが騒然

View this post on Instagram

先週土曜日に、恵比寿駅で初めての街頭演説に立ちました。 . 記者会見からわずか3日後のことで、今までのどのステージともひと味違った緊張感のある街頭デビューでしたが、5分の演説時間で、私の今回の挑戦にかける想いは、しっかりとお話をさせていただくことができたかと思います。 . 隣にいてくださった蓮舫さんが本当に大きく見えました。 . でも、いくつかの言い間違いをしたり、あとで演説のときの笑顔が少し足りない、と指摘されたり、まだまだこれからですね。頑張ります! . #りっけん #市井紗耶香

A post shared by 市井紗耶香 (@sayakaichii) on

 6月26日、元モー娘。市井紗耶香が立憲民主党からの比例区出馬を表明した時、彼女のデビュー以来のファンである筆者のもとには、電話が殺到。10年は連絡を取り合ってなかったような知人からも、「お前の好きな市井ちゃんが出馬するけど、最近調子どう? おなか痛くなってない?」なんて連絡がきたり、コメントを求められたりとたっぷり半日は対応に追われることになった。  いや、俺は市井紗耶香のファンなだけで関係者なワケじゃないんだけど……。日刊SPA!さんからもなぜか嬉しそうなトーンで市井紗耶香について書けと言ってきたので、筆者の知る市井紗耶香についてを語ることにする。  すでにネットでは、自民党の元アイドル今井絵理子のように醜態をさらすのではないかと危惧したり、揶揄したりする声があふれている。しかし、市井ファンの筆者として言わせてもらうと、それらの何か言ったような気になっている発言はなんの意味もないと断言できる。  どうせ、そんな声を上げている彼らは市井紗耶香を元モー娘。というぼんやりとした「アイドル=賢くない」くらいのイメージで語っているだけだ。市井紗耶香はそんな一般イメージで切り取られるようなタマじゃない!   ということで、現在ネットで危惧されている市井紗耶香の履歴を列挙しながら、19年間、彼女に会うために電車を乗り継いでよく分からない街のイトーヨーカドーの広場に一人で駆け付けるなどの奇行を繰り広げていた筆者が、ホントのところを語っていきたい。

市井紗耶香はモー娘。を卒業してから何をしていたの?

『ラブマシーン』と『ちょこっとLOVE』の大ヒットで、「母さん」キャラが大ブレイクし連日バラエティに引っ張りだこだった市井紗耶香。当時はひいき目なしでモー娘。内で1位、2位を争う人気を誇っていた。市井が毎日テレビに出る。それを俺は毎日見る。そんな蜜月は突然の卒業アナウンスで打ち砕かれることになった。  卒業時、事務所とのトラブルを囁かれながら「海外で通用するシンガーソングライターになるために修行する」というコメントを(後藤真希の弟ユウキとの熱愛報道などにも耳を閉ざし)信じることにした筆者の前に再登場した市井紗耶香は、なぜか中澤裕子とともに「サルビアの花」などのフォークソングをカバーする企画アルバムで復活。「そうかーシンガーソングライターというのは聞き間違えでフォークシンガーだったかー」と納得することにした。  ちなみに、海外でも通用するという言葉から留学もささやかれたが、復帰後のインタビューで駅前留学の英会話に数か月通ったことを示唆した。復帰後の市井紗耶香は、これまでのプッチモニの元気いっぱいなイメージと違い、ちょっと(苦労したのか)大人っぽくしっとりとしていて、どえらくキレイになっていたため、復活時のがっかりギャップは一瞬で乗り越えられました。
次のページ 
市井紗耶香ファンたちの奇祭
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事