デジタル

昔のネットは文字だけだった…消えたテキストサイトの栄枯盛衰

パソコン

テキストサイトの栄枯盛衰史

●1995~1996年  いわゆるWeb日記と呼ばれる「日記リンクス」「日記猿人」「Readme! JAPAN」などが登場。「地下道入口」「雑文館」、そしてテキストサイトの第一世代と言われる「webやぎの目」(’96年)も開設された。 ●1997~1998年  元祖テキストサイト誕生。中でも「クソゲーハンター」「エープロンプト」などのゲーム系テキストが人気に。対極にはオシャレにサブカルを紹介する「コジャレ」系も登場。 ●1999~2000年  テキストサイトの形が出来上がる。「ろじっくぱらだいす」「一流ホームページ」などが開設。 ●2001年  テキストサイトブーム全盛期。「侍魂」「Numeri」「ちゆ12歳」など一大ムーブメントを起こすサイトが続々と登場。 ●2002年  面白いことを書くために話を盛る、人種差別的な内容の批判、「ろじぱら」が導入したWeb投げ銭などが批判を呼び「脳死」が猛威を振るう。 ●2003年以降  ネット環境の変化、SNSの登場でテキストサイトブーム終焉。 インターネット【おおつねまさふみ氏】炎上対策・リスク分析アドバイザー MiTERU代表、システム管理者。最古参のネット有識者の一人として各媒体に寄稿する傍ら、ネットにまつわる社会問題、ネットリテラシーの重要性を各所で解説する ― 大追跡[テキストサイト]の消えた天才 ―
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事